キューブはエンジンがかかりにくい?異音トラブルの原因は?

キューブ エンジン 異音 かかりにくい トラブル
Pocket

今回は、日産・キューブのエンジンがかかりにくいトラブルの原因や異音がする時の対処法についてご紹介します。

キューブを運転していて突然エンジンが不調に陥ったり、異音がしてきてパニックになってしまった方も多いと思います。

特に、日産・キューブはエンジン関係のトラブルがおおい車種としても知られており、エンジンのトラブルで頭を抱えてしまっているオーナーもいるようですね。

予め分かっていればいいのですが、エンジンが突然かかりにくくなってしまったり、異音がし始めてし合ったら、どんな人でも焦ってしまうことでしょう。

それでは、日産・キューブのエンジンがかかりにくいトラブルの原因や異音がする時の対処法についてお届けしていきますので、最後までお見逃しなく!


突然エンジンがかからなかったり異音がしたらびっくりしてどうしたらいいかわかりませんよね。

特にエンジンから異音が鳴りだしてしまったらそのまま走っていたら爆発してしまうんじゃないか。

なんて考えたりすることもあると思います。

キューブのエンジンから異音がしている時は『ベルト鳴き』の可能性あり!

キューブ エンジン 異音 かかりにくい トラブル

ある日突然エンジンから異音がし始めたら誰だってビックリしますよね!

今まで快調に走っていたのに音が鳴り出したら普通はボンネット開けてみますよね。

そんな時エンジンがかかっている時にキュルキュルと音がするならベルトが鳴いている可能性があります。

 

異音の原因『ベルト』って何?

そもそもベルトってなんなの?という方も多いと思いますので、ご説明します。

ベルトとはオルタネーターやエアコンコンプレッサー、パワステポンプなどの補機類を駆動しているゴムベルトのことです。

それぞれファンベルト、エアコンベルト、パワステベルトと言います。

すべての補機類を一本のベルトで駆動しているタイプもあります。

エンジンが横置きなら左側に、縦置きなら前側にあります。

ホンダのエンジンだけは右側になります。

そのほかにもタイミングベルトなんて物もあったりしますが、これはクランクシャフトとカムシャフトを繋ぐベルトで鳴くことはありません。

 

どうして異音の鳴る原因になるの?

ベルトが鳴くということは劣化して硬くなっていてプーリーの上で滑ってしまっているか、単純に緩んでいる可能性があります。

見た目がひび割れていたり、触って緩かったりと原因がわかることもありますが素人では判断がつかないでしょう。

 

『ベルトが鳴いている』状態で走り続ける事は出来る?

ベルトが鳴いた状態で走り続けてしまうと最悪の場合ベルトが切れて運転に大きな支障をきたす場合があります。

ファンベルトが切れれば発電しなくなりバッテリーが上がってしまったり、オーバーヒートしてしまうこともあります。

エアコンベルトが切れるとエアコンが効かなくなってしまい暑い思いをしてしまいます。

パワステベルトが切れてしまうとパワステが効かずハンドルが重くなってしまい最悪、事故に繋がりかねません。

 

最悪の場合どうなってしまうの?

ベルトが切れるとハンドルが効かなくなったりオーバーヒートしたりします。

最悪の場合は切れたベルトが回転部分にからまってしまい思わぬ故障を招くことも考えられます。

 

異音が聞こえた時に取るべき行動は?

ベルトが鳴き始めたらまず安全な場所に停車してエンジンを止めてください。

ボンネットを開けて見てみてもいいですが、ベルトがついているかどうか確認して外れかかってたりしなければなるべく早めに修理工場に入庫することをオススメします。

その場で何とかしようとしてもハリウッド映画以外ではどうすることも出来ません。

 

『ベルト交換』の修理代はいくらかかる?

ベルト交換は部品代が一本4000円前後です。

それに加えて工賃が5000円程度必要になり、合計1万円あれば直せるでしょう。


故障は急な出費になるので少しでも安い方が良いですよね。

ベルト鳴きの場合は1万円で治すことが出来るので、異音が発生したらすぐに工場で見てもらうのが良さそうですね。

音が鳴っているままでは運転していて落ち着きませんしね!

 

キューブのエンジンがかかりにくいトラブル時に考えられる他の原因は?

キューブ エンジン 異音 かかりにくい トラブル

次にキューブのエンジンがかかりにくいトラブルの原因と対処法、修理代をご紹介します。

エンジンがかからない代表的な例としてはバッテリー上がりがあります。

バッテリーが上がってしまってはセルを回すことができませんからエンジンがかかりません。

あとはセルモーターの不具合もあります。

バッテリー上がりかと思ってジャンピングケーブルで繋いだが、やっぱりかからないなんてことがあります。

最後にクランキングするのにエンジンがかからないことがあります。

エンジン制御に故障があったりすると発生します。

これについて詳しく見ていきます!

 

バッテリー上がり

以外と多いトラブルが、始めにご紹介するバッテリー上がりです。

バッテリー上がりの原因としてはこんなところが考えられます。

  • ライトの消し忘れ
  • バッテリーの寿命

これ以外の原因では、暗電流が多く流れてしまっていることもあります。

暗電流とは時計などのエンジンを止めていても消費される電気のことです。

バッテリーが上がってしまった時は、バッテリー交換をすることで対処することが出来ますが、暗電流の消費が多い場合は原因となっている電装品をチェックして修理する必要が出てきてしまう場合もあります。

 

修理費用はどれくらい?

バッテリー本体の値段は8,000円~20,000円位となっています。

ハイブリッド車だと専用バッテリーとなりもっと高額になってしまう場合もありますが、キューブはNAエンジン車なのでこれくらいになります。

バッテリー交換工賃はだいたい1000円位となっているので、工賃はかなり安いですね。

 

セルモーターが故障して回らない

セルモーターが故障してしまうとキーを回してもセルが回らずエンジンを始動することが出来ません。

現象としてはセルを回した時に噛み合いが悪くガリガリと異音がしたり、ピニオンが飛び出せなくなりヒューンと空転してしまう場合があります。

作動としてはセルモーターはキースイッチをスタートにするとセルモーターに電圧がかかりピニオンが飛び出します。

そしてフライホイールについているリングギアに噛み合いモーターがエンジンを回転させます。

 

修理費用はどれくらい?

セルモーター単品では車種によって変わりますが30,000円から50,000円位です。

工賃も車種によって変わりますが大体15,000円ほどです。

 

クランキングするがかからない場合

クランキングするのにかからない場合はエンジンの制御系にトラブルが出ている可能性があります。

原因としては吸気系、点火系、燃料系、電装系の4つがあります。

しかし最近の車は中々壊れにくくなっておりプラグかぶりや燃料ポンプの故障は少なくなってきています。

ではいったい何が原因でエンジンがかからなくなってしまうのでしょう。

実はセンサー系統の故障が一番多く考えられます。

特にカムポジションセンサーが壊れてしまうと絶対にエンジンがかかりません。

クランクポジションセンサーが壊れますとクランキングが2倍になりますがエンジンはかかります。

これはクランクシャフトが2回転するとカムシャフトが1回転するのでカムポジションセンサーでバックアップして気筒判別し燃料を噴射しているからです。

そのため、カムポジションセンサーが壊れると気筒判別できなくなってしまうので絶対にかからなくなってしまうわけです。

 

修理費用はどれくらい?

カムポジションセンサーやクランクポジションセンサーは部品代が5,000円。

交換工賃も5,000円位です。

ただこれに電子制御診断料という物が加わり大体3,000円ほどかかります。

合計で1万円~1.5万円を見積もっておけば大丈夫でしょう。


故障は突然やってくるから、使いたいときに使えなくなってしまって困りますよね。

突然故障することを避けるためにも日頃から点検をしっかり受けて万全な状態で備えておきたいですね。

車検時に費用を少しでも安くしようとして、オススメされた修理を断るときにはその部品が後からトラブルになる場合があるので良く判断する必要がありますよ。

 

キューブはエンジンがかかりにくい以外にも沢山トラブルを抱えている?

キューブ エンジン 異音 かかりにくい トラブル

キューブにはエンジンがかかりにくいというトラブルが良く起きてしまいますが、エンジン以外にも様々なトラブルが発生しているようです。

ここでは、そんなトラブルの一例をご紹介します。

 

ワイパーのトラブル

キューブではワイパーのトラブルが起きやすいと言われています。

  • 全く動かない
  • 途中で止まってしまう

という症状が出るようです。

ワイパーは基本的に雨の日しか使わない装備なので、急にワイパーが壊れてしまったら慌ててしまいますし、高速道路を走行している時にワイパーが使えなくなってしまったら前が見えずに危険な状態になってしまいます。

原因はワイパーの動きを制御する基盤にあり、基盤だけ交換することが出来ません。

そのため、ワイパーユニットを全部交換する必要があります。

そのため、作業工賃と合わせて4万円~5万円程度必要になってしまう場合が多いです。

 

パワステのトラブル

キューブでは、突然パワステが効かなくなってしまうトラブルもあるようです。

パワステがトラブルによって効かなくなってしまうと、突然普段片手でも回すことが出来るハンドルがとても重くなってしまいます。

カーブを普段通り曲がろうとしたときにハンドルが重たくなってしまったらカーブに間に合わない可能性も考えられます。

パワステが効かなくなってしまう原因は、パワステ用のモーターに負荷がかかって一定の温度になった時に作動するモーター保護機能によるものだと考えられます。

修理は制御プログラムを書き換えるなので費用は5千円程度で済みますが、実際に発生すると怖い故障の一つですね。


普段カーブをスピード出して曲がっている方も多く見かけますよね。

そんな方が運転しているキューブのパワステが突然聞かなくなってしまったらと考えると怖いですね。

片手で運転している方も多いですが、こういったトラブル時に対応できなくなってしまうので両手でしっかりハンドルを握って運転するようにしましょう!

 

新車・中古車を買う時の下取り車を高く売る方法は?

新車・中古車を安く買うには、値引きをしてもらうのが圧倒的に早いですが、あなたに下取り車があるのならば、その車を下取りに出せば更に安く買えますよね。

しかし、ディーラーの下取り金額に騙されてはいけません!!!

ここで注意すべき事は、「ディーラーは下取り金額を低めに見積もっている」という事。

また、


値引きは限界です。その代わり下取り金額に10万円上乗せしたので、これで契約してください!

と言ったセールストークに誤魔化され、あやうく損するといった場面も見受けられます。

やっぱり、1円でも高く下取りに出したいですよね?

そのためにも、ある程度の今あなたの乗っている車がいくらで売れるのか相場を知っておく必要があるのです。

そんな時に役立つのが、かんたん車査定ガイドになります。

そこで、下取りに出したい車を一括査定してもらって買取価格の相場を知ってその見積書を提示して、それより高くしなければ下取りに出しませんとあなたの下取り車を高く売るために交渉する最大の武器となります。

私もディーラーに車を下取りに出した時、ラブ4の初めの提示金額は40万と言われました。

そこで、車買取査定サイトから無料査定をしてもらった結果、57万円という買取金額が出て唖然としました。

あやうく17万円を損するところでした!

その後、私は再びディーラーへ行って車買取査定サイトで表示された買取相場をディーラーへ伝えたところ、車下取り価格を17万円+1万円UPしてくれました。

初めから相場以上の金額で対応してくれよと思いながらも、車買取査定サイトを知らなくては損するのは当たり前ですね。

だからこそ、下取り買取金額を出してもらう前に、利用していくのを忘れないようにして下さいね。

かんたん車査定ガイドでは、1分ほどの入力で申し込み後、買取相場が表示されます。

ディーラーの下取り買取価格と比較したい方・すぐに相場を知りたい方は、無料ですぐに利用できるのでお早めに利用してくださいね。

>>無料査定はこちら<<

 

まとめ

キューブ エンジン 異音 かかりにくい トラブル

今回は、日産・キューブのエンジンから異音がする、エンジンがかかりにくいトラブルに出会ってしまった時の原因と対処法についてご紹介してきましたが、如何だったでしょうか?

車を運転していて突然異音がしたりエンジンがかからなくなってしまったりしたら焦ってしまうかもしれませんが、落ち着いて安全な場所に停車し整備工場に電話しましょう。

最近の車は電子制御の塊のような物で機械的な故障よりも電気的な故障の方が多くなってきている現状です。

診断機がないと何が原因で故障しているのかわからないので、やはりプロにお願いするのが一番です。

 

▼下取り車を1円でも高く!▼

▲最高査定額が無料で分かる!▲

関連記事

エンジン かからない 冬

冬にエンジンがかからない時の原因・対処法

エンジンがかからない キュルキュル 対処法

キュルキュル音がしてエンジンがかからない時の原因・対処法

夏 エンジン かかりにくい かからない

日産ノートのエンジンがかからない原因・対処法

エンジンがかからない 夏 バッテリー 対処法

夏にバッテリー上がりの原因・対処法

ヴェルファイア エンジンがかからない原因 対処法

ヴェルファイアのエンジンがかからない原因・対処法

トランスミッション警告灯 スイフト 原因 修理費

スイフトのトランスミッション警告灯が点灯する原因・修理費