レッツ4のエンジンがかかからない原因・対処法

レッツ4 エンジンかかからない原因 対処法
Pocket

この記事ではレッツ4のエンジンがかからない原因と、その対処法をご紹介します。

レッツ4は、2004年にスズキから発売された、環境に配慮した4ストロークエンジンを搭載した、スズキの原付を代表する一台です。

4ストロークエンジンを搭載した原付でありながら、4.5馬力もの出力を発揮して、燃費と環境を両立させたモデルです。

その上、販売価格が10万円を切る設定となっており、とても人気をあつめました。

それでは、レッツ4 のエンジンがかからない原因と対処法についてお届けしていきますので、最後までお見逃しなく!


レッツ4は環境に優しくて、パワーもある原付なのね!

お値段も10万円以下なんて、人気が出て当然ですね。

人気車のレッツ4ですが、万が一エンジンがかからなくなった時の対処法について知っておきましょう。

レッツ4はどんなエンジンを搭載しているの?

レッツ4 エンジンかかからない原因 対処法

レッツ4はどんなエンジンと搭載しているのでしょうか?

年々厳しくなる環境規制に対応するために、スズキは環境にやさしい4ストロークのエンジンを搭載しました。

これは、キャブレターや燃料噴射装置のなどを製造する『ミクニ』とスズキが共同開発した『ディスチャージ式フューエルインジェクション』が搭載されていて、パワーと燃費を両立させた高性能なエンジンです。

このディスチャージ式フューエルインジェクションは、後のスズキの小型スクーター用エンジンの標準となるような技術なのです。

 

レッツ4のエンジンの寿命は20年?!

環境に配慮していて、なおかつ十分なパワーのあるレッツ4のエンジンですが、寿命はどのくらいなのでしょう?

通勤や通学、お仕事、レジャーなど、使用環境によっても異なりますが、原付の平均的な年間走行距離は平均して3,000キロと言われており、レッツ4に搭載されているエンジンは4万キロ程度は問題なく動くようです。

平均的な走行距離を走るとして、エンジンが4万キロは走行できる耐久性があるので、きちんとメンテナンスをしていれば単純計算でも20年くらいは問題なく使えそうです。

 

先代のエンジンとの違いは何?

レッツ4の先代にあたる、レッツⅡに搭載されているエンジンとの違いはどこなのでしょうか?

レッツⅡは、当時の原付エンジンでは一般的に搭載さてている、構造的に壊れにくく軽量である2ストロークエンジンを搭載しています。

2ストロークエンジンは、軽量で耐久性を確保していながら、ワンランク上の4ストローク車と当程度のパワーを発揮でき、原付に重宝されていました。

 

同じエンジンを積んでいるバイクは何がある?

レッツ4 の『A404型』と同じエンジンを積んでいるバイクには、他にどんなバイクがるのでしょうか?

調べてみたところ、アドレスV50とレッツ4の派生モデルであるレッツ4パレットとレッツ4バスケット、さらには次の5代目のレッツ5が同型のエンジンを使用しているようです。

いずれも、スズキの50cc原付で人気車種ですので、燃費やパワーの評価が高いエンジンと言えるでしょう。


レッツは年代によって、積んでいるエンジンの種類がちがうのですね。

環境に配慮した4ストロークエンジンは、とても性能がいいようですね。

レッツ4以外にも、同じエンジンがたくさん使われているので、安心感がありますね!

 

レッツ4のエンジンがかからない原因は?

レッツ4のエンジンがかからない原因と、その対処法を

レッツ4のエンジンがかからない原因には、大まかに以下のものが考えられます。

  • バッテリーあがり
  • バッテリーボックスの水漏れ
  • エンジンバルブへのカーボンの噛みこみ
  • イグニンションコイル関連の故障
  • インジェクションの故障
  • スロットルバルブの故障
  • 各種センサー類の不具合

 

一番あり得るのはバッテリーが原因!

レッツ4でエンジンがかからないくなる一番の原因は、バッテリーのトラブルがあげられます。

レッツ4は、バイクのステップ部分の下、車体が1番地面と近い場所にバッテリーが置かれている事が関係しています。

バッテリーなどの電気系の部品は、水に対して特別注意をはらわなければいけないので、メーカー側もきちんと対策はしているのですが、それでもトラブルは起こってしまします。

トラブルの原因は、バッテリーを収納しているバッテリーボックスの水抜き穴が、長年の使用によってゴミなどが詰まってしまい、バッテリーボックス内に入り込んだ水が抜けなくなり、バッテリーが水没してしまうのです。

バッテリーが水没して壊れてしまうと、当然セルモーターを回すことが出来なくなるので、エンジンがかからなくなってしまうのです。

 

バッテリーボックス水没の対処法は?

バッテリーが水没しないようにするには、どうしたら良いのでしょうか?

バッテリーボックスの内側と外側を定期的に確認することで、対処可能なトラブルです。

内側からは、バッテリーボックス内に数ミリの水抜き用の穴がありますので、定期的に点検して内部に水やゴミが溜まっていないかチャックしましょう。

外側では、車体下部のバッテリーボックス水抜き穴部分が確認しやすいように、5mm程度の突起がありますので、地面との接触などで潰れて穴がふさがっていないか確認しましょう。

 

バッテリーボックス水没は自分で治すことも出来る?

バッテリーボックスが水没した場合は、自分で直すことができるのでしょうか?

バッテリーの交換でだけで済む場合は、水没して壊れたバッテリーを新品と交換すれば直す事ができます。

バッテリーにつながる配線や端子が錆びつくなどの故障が併発しまっている場合も、ある程度の知識や道具が必要で必要ですが、自分で修理・交換は可能です。

配線や端子が錆びついてしまっている場合は、他の部品の故障も考えられますので、バイクの構造や整備技術に自信の無い方は、購入店や修理工場での修理がおすすめです。

 

部品はどこで購入可能?

レッツ4のバッテリーは、メーカーによって値段の差はありますが、ネットショッピングや実店舗で3,000前後で購入が可能です。

バッテリーから繋がる配線や端子などの補修部品も数千円で、だいたいのものが店頭での発注や、ネットショッピングで購入可能です。

交換に必要な工具類も、プラスドライバーと六角レンチといった一般的な工具ですので、数百円で購入できます。

 

プロに依頼したときの値段はいくらかかる?

バイクショップなどのプロに、バッテリー交換をお願いすると、いくらくらいの値段になるのでしょうか?

だいたいのお店では、バッテリー代金、交換工賃、廃バッテリー処分料などを含んで5,000円から2万円くらいが相場のようです。

また、バッテリーの配線や端子、その他の部品が壊れてしまっている場合には、必要な部品の種類、作業の工程が変わってきますが、5万円程度で修理可能なようです。


レッツ4のエンジンがかからない原因はたくさん考えられるのですね。

バッテリーのトラブルが一番多い原因なのね!

レッツ4のエンジンがかからないときは、まずはバッテリーのチェックですね!!

 

レッツ4の壊れやすい弱点は他にもある?

レッツ4のエンジンがかからない原因と、その対処法を

レッツ4にバッテリーボックスの水漏れ以外のトラブルは、何があるのでしょうか?

まずは、メーカーでサービスキャンペーンを行った、エンジン燃焼室内に蓄積したカーボンが剥がれ落ちてしてしまう事が原因の問題があります。

蓄積したカーボンの一部が剥がれおちてしまい、インテークまたはエキゾーストバルブのシート面に噛みこんでしまうトラブルがあります。

その他には、イグニンションコイルのトラブルが多いようです。

レッツ4のイグニッションコイルは車体後方の裏側にあり、電装系の大敵である水などがかかり状況にさらされやすい為に、故障の発生が多いようです。

 

『カーボンの噛み込み』による故障

原付にありがちな状況に、近所をちょっと乗って、すぐにエンジンを切ってしまうような使い方をすると、エンジン内にカーボンが溜まりやすくなります。

この、カーボンが何かの拍子にはがれおちてしまい、エンジンのバルブの隙間に挟まってしまうのが『噛み込み』なのです。

噛み込みが起きてしまうと、エンジンバルブの開閉がきちんとできず、燃焼室内の密閉性が低下してしまい、エンジンが動く工程で重要な『圧縮』が落ちてしまいエンジンがかからなくなってしまいます。

 

『イグニッションコイル』の故障

次に多いのは、イグニッションコイルの故障が原因でエンジンがかからなくなるトラブルです。

イグニンションコイルは爆発させるための火花を飛ばす重要な部品であり、バッテリーやエンジンに問題がなくても、エンジンがかからなくなってしまします。

レッツ4は、イグニッションコイルコイルは、設置場所が水の影響を受けやすい車体の裏側にあり、イグニッションコイル単体や接続するコードの接触不良が起きやすいのです。


バッテリーの水漏れ以外にもトラブル原因があるのね。

エンジンがかからない理由は、たくさん知っていても損はないですね!

エンジンのかからない原因をたくさん知っていれば、万が一愛車が不調になったときに、より安心ですね!!

 

故障を修理するよりも中古車を購入した方がお得な事もある?

レッツ4のエンジンがかからない原因と、その対処法を

愛車のレッツ4のエンジンがかからなくなってしまった場合に、修理をして乗り続けるか、中古車に買い替えるのかどちらが良いのでしょうか?

バッテリーの交換であれば、自分で交換するなら数千円、高くても2万円くらいですが、エンジンのカーボン噛みやイグニッションコイルの修理・交換となった場合には、数万円かかることが予想されます。

原付の中古車は年式や走行距離にって異なりますが、10万円前後で購入できるのものもありますので、エンジンがかからない原因や修理の費用によっては、買い替えの方がお得な場合があります。


エンジンがかからない原因や対処法をしっていれば、事前にトラブルの回避ができますね。

万が一、エンジンがかからないトラブルの原因によって、修理するのか乗り換えるか検討ですね!

修理費用が高い場合は、中古車に買い替えるのも良いわね!

 

新車・中古車を買う時の下取り車を高く売る方法は?

新車・中古車を安く買うには、値引きをしてもらうのが圧倒的に早いですが、あなたに下取り車があるのならば、その車を下取りに出せば更に安く買えますよね。

しかし、ディーラーの下取り金額に騙されてはいけません!!!

ここで注意すべき事は、「ディーラーは下取り金額を低めに見積もっている」という事。

また、


値引きは限界です。その代わり下取り金額に10万円上乗せしたので、これで契約してください!

と言ったセールストークに誤魔化され、あやうく損するといった場面も見受けられます。

やっぱり、1円でも高く下取りに出したいですよね?

そのためにも、ある程度の今あなたの乗っている車がいくらで売れるのか相場を知っておく必要があるのです。

そんな時に役立つのが、かんたん車査定ガイドになります。

そこで、下取りに出したい車を一括査定してもらって買取価格の相場を知ってその見積書を提示して、それより高くしなければ下取りに出しませんとあなたの下取り車を高く売るために交渉する最大の武器となります。

私もディーラーに車を下取りに出した時、ラブ4の初めの提示金額は40万と言われました。

そこで、車買取査定サイトから無料査定をしてもらった結果、57万円という買取金額が出て唖然としました。

あやうく17万円を損するところでした!

その後、私は再びディーラーへ行って車買取査定サイトで表示された買取相場をディーラーへ伝えたところ、車下取り価格を17万円+1万円UPしてくれました。

初めから相場以上の金額で対応してくれよと思いながらも、車買取査定サイトを知らなくては損するのは当たり前ですね。

だからこそ、下取り買取金額を出してもらう前に、利用していくのを忘れないようにして下さいね。

かんたん車査定ガイドでは、かんたん車査定ガイドで申し込み後、買取相場が表示されます。
 

まとめ

レッツ4 エンジンかかからない原因 対処法

この記事ではレッツ4のエンジンがかからない原因と、その対処法をご紹介してきましたが、如何でしたか?

レッツ4のエンジンがかからない原因は、意外とたくさんあるのがわかりましたね。

エンジンがかからない原因や対処法を、きちんと身に付けておけば、トラブルがしんこくにならずに済む場合もありそうですね。

もし、エンジンがかからなくなってしまった時は、原因や修理にかかる費用によっては、中古車に買い替えてしまった方が、お得な場合もあるようです。

万が一、レッツ4のエンジンがかからなくなってしまった場合に、役立ててくださいね!

かんたん車査定ガイド

関連記事

エンジンがかからない ブレーキ硬い 対処法

エンジンがかからない時にブレーキ硬い場合の原因・対処法

トランスミッション警告灯 スイフト 原因 修理費

スイフトのトランスミッション警告灯が点灯する原因・修理費

エンジン警告灯 原因 ダイハツ

エンジン警告灯がついたら?原因・対処法をご紹介

レヴォーグ エンジンがかからない原因 対処法

レヴォーグのエンジンがかからない原因・対処法

エンジン警告灯 原因 ガタガタ

エンジン警告灯がつきガタガタ揺れ始める時の原因・対処法

エンジンブレーキ 異音 原因

エンジンブレーキから異音がする場合の原因・対処法