レヴォーグのエンジンがかからない原因・対処法

レヴォーグ エンジンがかからない原因 対処法
Pocket

今回は、レヴォーグのエンジンがかからない原因と対処法についてご紹介していきます。

レヴォーグは『レガシィツーリングワゴン』を引き継いで、ステーションワゴンのブランドとして2014年6月に登場しました。

レヴォーグは、そのコンパクトでスポーティーなエクステリアと上質で洗練されたインテリア、そしてコンパクトながらもしっかりと確保された大容量の収納スペースで人々から高く支持されています。

また、運転支援システム『アイサイト』を標準装備し、豊富な機能でドライバーをアシストしてくれるところも魅力の一つです。

そんなレヴォーグですが、突然エンジンがかからなくなってしまった時に、どのように対処したらよいのか、よく知らずに過ごしている方も多いかもしれません。

そこで今回は、レヴォーグのエンジンがかからなくなる原因は何か、またその対処法を詳しくお届けしていきます。


レヴォーグは、コンパクトでスポーティなエクステリアとインテリアがとても魅力的です。

充実した安全装備と低燃費、そして地球環境にも配慮している点も人気で、高く評価されています。

突然エンジンがかからなくなってしまった時には、状況を早く改善するためにもエンジンのかからない原因と対処法について、前もって知っておくことはとても大事なことだと感じます。

レヴォーグってどんな車?

★レヴォーグ エンジンかからない 原因

レヴォーグは、ステーションワゴンのブランドとして2014年6月に登場しました。

レヴォーグは、スバルのロングヒットモデルである『レガシィツーリングワゴン』が北米市場向けに大型化するに伴い、日本の道路交通に適さなくなってしまったため、『レガシィツーリングワゴン』を引き継ぐ後継車として、日本の道路交通を考慮して開発されました。

レヴォーグはコンパクトな設計で足回りがスムーズで扱いやすく、全グレードに直噴ターボ水平方向エンジンを搭載しており、優れた速度性能を実現しているところが特徴的です。

コンパクトでスポーティーな外見でありながらも、積載容量をしっかりと確保し、ゆとりある室内空間も実現しています。

また、車内に遮音材や制振・吸音材をボディ各部に設置し、ドアガラスの厚みを見直すなどして、振動や騒音を軽減する構造に設計しており、優れた静粛性も兼ね備えています。

レヴォーグは、全グレードで排出ガスを低減する構造を取り入れており、地球環境にも配慮しています。

 

グレード別販売価格はいくら?

レヴォーグのグレードと販売価格については、以下のようになります。

  • 1.6GT EyeSight 2,862,000円
  • 1.6GT EyeSight S-style 2,926,800
  • 1.6GT-S EyeSight 3,078,000円
  • 2.0GT-S EyeSight 3,618,000円
  • 1.6STI Sport EyeSight 3,564,000円
  • 2.0STI Sport EyeSight 4,050,000円

 

売れ筋グレードは?

レヴォーグのグレードでは、『1.6GT-S EyeSight』と『1.6STI Sport EyeSight』が高い人気を博しています。

1.6Lグレードはレギュラーガソリンも利用できて経済的なので、よく選ばれています。

『1.6GT-S EyeSight』は、アルミ製のアクセルペダルやインパネカバーや、本革巻きステアリングやシフトレバーを装備され、洗練された存在感があり、実用な装備と低燃費を維持できる点に魅力を感じているようです。

『1.6STI Sport EyeSight』は、インテリアやエクステリアに専用パーツを多数装備しており、より上質で洗練されたプレミアムな最上位グレードなのが人気のようです。

 

外装の特徴は?

レヴォーグのエクステリアは、正面から左右に広がるプレスラインを従来よりもワイドになっているのと、電動のチルト&スライド式サンルーフが装着されているのが特徴的です。

LEDをフロントフォグランプやヘッドライトに採用し、夜間での視界をより明るくすると同時に、フロントマスクを一層引き立たせてたデザインとなっています。

上級グレードになると、ヘッドライト内部がブラックアウト加工されるという違いもあります。

また、ロアグリルとフロントグリルにはメッキパーツを加えるなどすることで、より上質で洗練された質感に仕上がっています。

 

内装の特徴はある?

レヴォーグのインテリアは、クラシックでスポーティな質感を与える本革シートを採用しているのが特徴的です。

8インチの大型液晶画面を採用した『パナソニック ビルトインナビ』を標準装備しています。

パネルの上部には5.9インチの液晶画面『マルチファンクションディスプレイ』を採用し、ナビゲーションのサブ画面として必要な情報を分かりやすく表示するなど、高機能なドライブアシストを実現しています。

また、上級グレードである『GT-S』を選択すると、ステアリングやシフトレバーが本革巻きになり、アルミ製のアクセルペダルやインパネカバーが装着され、本革シートにブルーステッチを施すことができ、より洗練されたインテリアにすることができます。

 

安全装備はついてるの?

レヴォーグには、スバルの運転支援システム『アイサイト』を標準装備しています。

この『アイサイト』は、主にステレオカメラで常に前方を監視し、自動で認識と制御をしてくれます。

この『アイサイト』に装備されているステレオカメラは、車や歩行者、白線などを識別できるほか、広い視野角と死人距離、カラー画像によってブレーキランプを識別できるなど、高い認識性が特徴です。

その認識した情報と走行状況をもとにソフトウェアが自動で判断し、車を状況に応じて制御し、ドライバーの運転を支援してくれます。

衝突の危険があるとシステムが判断した場合には、ドライバーに段階的に注意を喚起し、回避操作がなければ自動的にブレーキ制御を行い、減速または停止します。

『スバルリヤビークルディテクション』が採用され、車体後方に装備したセンサーによって、後側方から接近する車両を検知し、衝突の危険があるとシステムが判断した場合には、ドアミラー鏡面のLEDインジケーターや警報音でドライバーに注意を促してくれます。

他にも『スマートリアビューミラー』も採用され、リヤゲートガラスの内側に装備したカメラの映像をルームミラーに表示し、後席に人や荷物を乗せている時や、夜間・悪天候の時に後方が見えにくくなる場合でも、後方確認がしやすくなりました。

 

燃費はどのぐらい?

レヴォーグには『1.6Lエンジン搭載モデル』と『2.0Lエンジン搭載モデル』の2種類あります。

『1.6Lエンジン搭載モデル』では、小排気量エンジンにターボ技術を組み合わせて設計したダウンサイジングターボエンジン『1.6ℓインテリジェント DIT 』を採用しました。

その少ない排気量からは想像もできない強力なパワーを発揮し、ターボでありながらも16.0km/Lという低燃費を実現しました。

また、優れたロングツーリング性能を兼ね備えており、レギュラーガソリンも利用できるので経済的です。

『2.0Lエンジン搭載モデル』では、『2ℓハイパフォーマンス DIT 』を採用しています。

直噴ターボならではの高出力、高トルクの圧倒的な動力性能を発揮し、6500rpmまでアップしたレブリミットでスポーティで気持ちの良い加速を実現しながらも、13.2km/Lという低燃費を達成しています。

 

ボディサイズはいくつ?

レヴォーグのボディサイズは、全長 4,690mm、全幅 1,780mm、全高 1,500mm、ホイールベース 2650mmで、横幅が1.8mを切っており非常にコンパクトな設計になっています。

日本の道路交通や駐車スペースなどに適したボディサイズを追求し、足回りがよく取り回しやすい設計、安定した走行ができる最適なバランスのボディサイズとなっています。

全高も1.5mと低く抑えることで、コンパクトでスポーティなエクステリアを実現しており、積載容量もしっかりと確保されています。

 

トランクの使い勝手はどう?容量は?

レヴォーグのトランクは、4:2:4分割可倒式リアシートが採用されており、522Lという大容量の収納スペースを確保しています。

このトランクルームは、開口部が広く、段差が少ないので荷物の持ち運びがスムーズにでき、空間がフラットな設計なので、余すところなく効率的に荷物を積むことができます。

また、リアシートの真ん中だけを畳むこともできるため、スキー板やスノーボードなどの長尺な荷物も積みやすく、シートが急に倒れにくい設計になっているので、指の挟みこみにも配慮されています。

また、『ワンタッチフォールディング機能』を採用し、ガーゴルームからボタン1つでリアシートを折りたたむこともできます。

大型サブトランクは、2分割フロアボードの前側を外せば浅底のスペース、後側を外せば深底のスペースが出現し、深底のスペースは専用の板で仕切ることができるなど、機能的な収納スペースになっています。


レヴォーグは、エクステリアもインテリアもコンパクトでスポーティながらも、上質で洗練されたデザインが施されているのが魅力的です。

安全装備の『アイサイト』も機能が充実していて安全性能が高いようなので、安心して運転できるのもいいと思いました。

収納スペースも広く、大容量で隅々まで使えるフラットな作りなのも良さそうです。

 

レヴォーグのエンジンがかからない5つの原因と対処法は?

レヴォーグ エンジンがかからない原因 対処法

突然エンジンがかからなくなると、焦って思わぬ行動をしてしまいそうですよね。

よく分からないまま対処しようとすると、あまり状況が進まなかったり時間がかかってしまうかもしれません。

こちらでは、レヴォーグのエンジンがかからない時の原因と対処法を5つご紹介していきます。

ぜひ参考にして、思わぬ緊急事態のトラブルシューティングにお役立てください。

 

バッテリー上がり

レヴォーグでは、エンジンがかからなくなった時、バッテリーが上がってしまうことがよく見受けられます。

バッテリーが上がってしまうと、プッシュスタートでブレーキを踏んでスタートスイッチを押した時に、『ギュルッ、ギュルッ』と普段より重い音がしてエンジンがかからない、『カチカチ』と軽い音がしてやはりエンジンがかからない、 何も起こらずエンジンがかからない、というような状態になり、エンジンがかからなくなります。

この状態はバッテリーが放電してしまい、エンジンをかけるための電力が不足してしまっています。

対処法としては、バッテリーを新品もしくは充電されているバッテリーに交換するか、他の車両から電力をもらうことで解決します。

ここでは、他の車から電力をもらう方法をご紹介します。

まず、自分の車と同等かまたはそれ以上の車を友達や家族から借りて用意しましょう。

用意できたら、エンジンルームを近づける様な位置に駐車して、エンジンを切っておきます。

次に、80〜100A/12V用相当以上のブースターケーブルを用意し、自分の車と救援車のバッテリーをブースターケーブルで接続します。

  1. 赤いブースターケーブルの一方を自車のバッテリー(+)端子につなぐ
  2. 赤いブースターケーブルのもう一方を救援車のバッテリー(+)端子につなぐ
  3. 黒いブースターケーブルの一方を救援車のバッテリー(-)につなぐ
  4. 黒いブースターケーブルのもう一方を自車の車体(バッテリーから離れたボルト等)につなぐ

ケーブルをつなぐ時には火花が飛ぶことがあるので、十分注意しましょう。

次に、 救援車のエンジンをかけ、ご自分の車のキーを回してエンジンをかけます

この時、救援車のエンジン回転を少し上げるとかかりやすくなります。

バッテリーが回復したら、接続時と逆の順序でブースターケーブルを外します。

 

スマートキーの電池切れ

レヴォーグのスマートキーを使っている場合、スマートキーが故障していたり、電池が切れてしまっていたりすると、ドアロックの施錠・解錠ができなくなるほか、スタートシステムが作動せずエンジンがかからなくなってしまいます。

この場合には、まずはメカニカルキー(普通の鍵)を使って手動でドアを開け、車に乗り込みます。

この時、大きな警報音が鳴るので少しビックリしますが、落ち着いて次の行動をとりましょう。

スマートキーのスバルマークの付いている面でプッシュスタートに近づけます。

このキーを近づけた状態で、ブレーキペダルを踏み、プッシュスタートを押すと、エンジンがかかり警報音も止まります。

 

ガス欠

 一旦ガス欠状態になってしまうとエンジンをかけることができませんので、こまめにガソリンの状態を確認してガス欠状態にならないようにしてください。

万が一、走行中にガス欠になってしまった場合には、まずハザードランプを付けて、焦らずに余力で車を進めながら速やかに安全な場所に移動してください。

もしガソリンスタンドが近くにあるようであれば、ガソリンスタンドで携行缶を借りて給油することもできますが、最近はセルフスタンドも増えてきているので、携行缶が用意されていない場合もあります。

また携行缶を自分で持っている場合でも、セルフスタンドで携行缶に自分でガソリンを入れるのは法律で禁止されているので、気を付けてください。

最終的には、迷わず保険のロードサービスに頼って、JAFや保険のロードサービスを呼んで対処してもらうことをオススメします。

 

プラグ

プラグとは、エンジン内でガソリンと空気を混ぜ合わせて燃やす部品のことです。

バッテリー容量が十分あり、セルは回るのにエンジンがかからないような時は、何らかの理由でプラグに大量のガソリンが付着して火を付けづらくしてしまっている可能性があります。

このような場合には、アクセルを数秒だけ全開に踏み込んでセルを回し続けてみて、エンジンがかかりそうであれば、アクセルを戻したり踏み込んだりを繰り返して様子をみてください。

エンジンがかからない時は、プラグをガソリンで湿らせて余計にかかりにくくしてしまうので、少し時間を置いてから再チャレンジしてみましょう。

また、プラグが劣化してくると、アイドリングが不安定になったり、停車中にエンジンが震え出したりという初期症状が出てき始め、劣化が進むとエンジン内で着火することが出来なくなり、エンジンがかからなくなりますので、このような場合にはプラグの交換を行う必要があります。

 

燃料ポンプの故障

燃料ポンプとは、燃料を送る装置のことです。

セルモーターは回るのにエンジンがかからない場合に、プラグと合わせて故障の原因としてあげられるのが燃料ポンプです。

このポンプが故障してしまうとエンジンがかかりませんが、燃料ポンプの内部が汚れで詰まっているだけの場合は、詰まりの原因となっている汚れが沈殿してエンジンがかかる場合もあります。

このような場合には、燃料ポンプを交換する必要がありますので、速やかに修理・交換に出しましょう。


突然エンジンがかからなくなってしまうと、ビックリして慌ててしまいますが、このような原因があってこのような対処をしたらいいということを分かっておけば、いざという時にも対処できるので安心ですね。

エンジンがかからなくなってしまわないためにも、日常的に車の状態をよく確認しておくことは大事だと思いました。

 

新車・中古車を買う時の下取り車を高く売る方法は?

新車・中古車を安く買うには、値引きをしてもらうのが圧倒的に早いですが、あなたに下取り車があるのならば、その車を下取りに出せば更に安く買えますよね。

しかし、ディーラーの下取り金額に騙されてはいけません!!!

ここで注意すべき事は、「ディーラーは下取り金額を低めに見積もっている」という事。

また、


値引きは限界です。その代わり下取り金額に10万円上乗せしたので、これで契約してください!

と言ったセールストークに誤魔化され、あやうく損するといった場面も見受けられます。

やっぱり、1円でも高く下取りに出したいですよね?

そのためにも、ある程度の今あなたの乗っている車がいくらで売れるのか相場を知っておく必要があるのです。

そんな時に役立つのが、かんたん車査定ガイドになります。

そこで、下取りに出したい車を一括査定してもらって買取価格の相場を知ってその見積書を提示して、それより高くしなければ下取りに出しませんとあなたの下取り車を高く売るために交渉する最大の武器となります。

私もディーラーに車を下取りに出した時、ラブ4の初めの提示金額は40万と言われました。

そこで、車買取査定サイトから無料査定をしてもらった結果、57万円という買取金額が出て唖然としました。

あやうく17万円を損するところでした!

その後、私は再びディーラーへ行って車買取査定サイトで表示された買取相場をディーラーへ伝えたところ、車下取り価格を17万円+1万円UPしてくれました。

初めから相場以上の金額で対応してくれよと思いながらも、車買取査定サイトを知らなくては損するのは当たり前ですね。

だからこそ、下取り買取金額を出してもらう前に、利用していくのを忘れないようにして下さいね。

かんたん車査定ガイドでは、1分ほどの入力で申し込み後、買取相場が表示されます。

ディーラーの下取り買取価格と比較したい方・すぐに相場を知りたい方は、無料ですぐに利用できるのでお早めに利用してくださいね。

>>無料査定はこちら<<

 

まとめ

レヴォーグ エンジンがかからない原因 対処法

この記事では、レヴォーグのエンジンがかからない原因と対処法についてご紹介いたしましたが、いかがでしたか?

レヴォーグは、上質でスポーティなエクステリアと、コンパクトで足回りや取り回しがよく若い人からも人気の高い車です。

積載容量もしっかりと確保していて、『アイサイト』も機能が豊富で安心して運転できるところが魅力的ですね。

エンジンがかからなくなってしまった時は、この記事を読んで落ち着いて対処していただければと思いますので、ぜひ参考にしてみてください。

▼下取り車を1円でも高く!▼

▲最高査定額が無料で分かる!▲

関連記事

エンジン警告灯 原因 ガタガタ

エンジン警告灯がつきガタガタ揺れ始める時の原因・対処法

車 バッテリーマーク エンジンがかからない

車のバッテリーマーク点灯 エンジンがかからない時の原因

エンジンがかからない時 バイク 対処法

バイクのエンジンがかからない時の原因・対処法

エンジンがかからない 夏 バッテリー 対処法

夏にバッテリー上がりの原因・対処法

トランスミッション警告灯 ワゴンr 原因 修理費

ワゴンRのトランスミッション警告灯が点灯する原因・修理費

エンジン警告灯 修理代 タント

タントのエンジン警告灯がつく場合の修理代は?原因は何?