フォルクスワーゲン車のトランスミッション警告灯が点灯した時の原因

Pocket

この記事では、フォルクスワーゲン車のトランスミッション警告灯が点灯した時の原因と修理費についてご紹介します。

トランスミッションが壊れてしまっては、『駆け抜ける喜び』を楽しめなくなってしまいます。

どんな車でも、走行するためには無くてはならない重要な部品ですので、走行中に警告灯が点灯したら驚いてしまいますよね。

ですから、万が一に備えて原因や対処法、修理費について知っておくとゆとりを持って行動できますよね。

それでは、フォルクスワーゲン車のトランスミッション警告灯が点灯した時の原因と修理費についてお届けしていきますので、最後までお見逃しなく!


安定性が高く、優れた走行性能が魅力のフォルクスワーゲンですが、トラブルが発生したら困ってしまいますね。

特に、トランスミッションは車のフィーリングを左右する重要な部品ですので、なおさらです。

警告灯が点灯ときの原因や対処法を知っていれば、ゆとりを持って対処できますね!

フォルクスワーゲンはどんなトランスミッションを採用しているの?

トランスミッション警告灯 フォルクスワーゲン 原因 修理費

フォルクスワーゲンに搭載されているトランスミッションは、フォルクスワーゲンの独自技術であるDSG(デュエルクラッチトランスミッション・・・MTを二枚のクラッチを使い自動化したもの、上の写真参照)が主です。

同心円状の二つのクラッチがそれぞれ別のギアに接続されており、クラッチを切り替えることによりシフトチェンジを途切れることなく行うものです。

そのため、エンジン・パワーをよりスムーズに駆動輪に伝達することが可能となり、フォルクスワーゲンのエンジンフィールを余すことなく楽しむことができるのです。

 

昔と今はトランスミッションが変わった?

DSGが搭載される前は、DCTが使われていたようです。

こちらも伝達効率は優秀でしたが、DSGによりさらに伝達効率が向上し、さらなる低燃費が実現できたようです。

 

同じトランスミッションを積んでいる車はある?

走行性能を重視したモデルにはATを、コンベンショナルなモデルにはMTと、車のイメージに合わせてトランスミッションを使い分けているようです。


同じメーカーでも、車種によってトランスミッションが違うのですね。

車のキャラクターにあわせて使い分けるなんて、走りのフォルクスワーゲンならではですね!

自分の好みや試乗などで確かめてから、選んでみるのも良いですね。

 

フォルクスワーゲンのトランスミッション警告灯が付く原因は?

トランスミッション警告灯 フォルクスワーゲン 原因 修理費

フォルクスワーゲン車のトランスミッション警告灯が点灯する原因は、どんな理由があるのでしょうか?

どんな車でも、トランスミッションにトラブルが発生するのは大変困った事態ですが、走りの良さが特徴のフォルクスワーゲンではなおさらです。

警告灯の点灯原因の理由を知っていれば、故障の程度が軽く済んだり、大事故を未然に防げたりと、困ることはないので覚えていて損はないですね。

 

可能性が高いのはエアフローセンサー!?

エアフローセンサーとは、エンジンを電子制御する際の入力情報の一つである、エンジンへの空気吸入量を計測する装置で、エアフロメーターや英語圏ではマスフローセンサーと呼ばれることもあります。

このセンサーは吸気管を通過した吸入空気の量を検出して『ECU』(エンジンコントロールユニット)に電気信号として送る部品です。

吸入空気の量はアクセル開度によって変化し、ECUは吸入量に基づいて燃料噴射量を決定するので、エアフローセンサーは重要な部品なのです。

 

どんな症状が出る?

エアフローセンサーが壊れるとどんな症状が現れるのでしょうか?

アイドリングの不調や、発進時のギクシャク感など、アクセルを踏んだ時のエンジンの反応がいつもとは明らかに違います。

無理に走行しようとしても、ガソリンと空気のバランスがメチャクチャな状態ですので、まともに走れない状況になります。

エンジンの回転がアクセルの反応とリンクせずに、予期せぬエンジン出力の上下動によって、トランスミッションに過度な負担がかかるのを防止するために、トランスミッション警告灯が点灯して、異常を知らせるようです。

 

エアフローセンサーが原因の時の対処法は?

この場合は、エンジンの再始動でトランスミッション警告灯が消える場合もあるようですが、ひとまずディーラーや修理工場で、警告灯点灯の原因を調べてもらいましょう。

単純なセンサーの誤作動であれば、ディーラーや修理工場での警告灯のリセット作業で済む場合もあります。

誤作動が原因でない場合は、エアフローセンサー本体の故障か、空気を吸入するインテークパイプの汚れが原因の場合もありますので、兎にも角にもプロにチェックしてもらうのが一番です。

 

エアフローセンサーは自分で直すことも出来る?

センサー本体の汚れや、インテークパイプの汚れが原因なら、自分で掃除のメンテナンスで直す事が可能ですよ。

ねじサイズに合ったレンチやスパナ、ウエスなどを準備して、分解作業の手順を真似て比較的簡単に作業できるかと思います。

難しいかな?無理かな?と思ったら決して無理はせずに、プロに作業を依頼しましょう。

 

直す手順は?

整備マニュアルや、愛車と同じ型の車に乗っている方が整備しているブログや動画でやり方をしっかりと確認しましょう。

エンジンの吸気部分に接続されている、エアフローセンサーを取り外して、やさしく汚れを落としてから、元通りに組み直すだけです。

明らかな破損がある場合でも、ネットショップなどで新品のエアフローセンサーが販売されていますので、自力で交換も可能です。

 

交換費用はいくらかかる?

エアフローセンサーは、車種によっても違ってきますが、新品なら大体20,000円くらい、中古だと高くて15,000円程でネットショップなどで販売されています。

必要な工具類もドライバーや六角レンチ程度なので、道具台は数千円もかからずに済みますよ。

ちょっと、DIYが得意だったり、車が好きで詳しい方なら、比較的簡単な部類の作業かと思います。

 

プロに修理してもらう時の修理費はいくらかかる?

エアフローセンサーの交換で直るならば、部品代が12,000円程度かかり、作業工賃を含めて15,000円程度で交換が可能です。

万が一、ミッション載せ替えの場合は最低でも50万円以上、車種によっては100万円近い費用がかかるようです。

トランスミッション警告灯の点灯理由が分からなければ、自分で直すことも出来ませんので、警告灯が点灯した場合は、必ず一度はディーラーや修理工場でチェックしてもらいましょう!


トランスミッション本体の故障ではないのに、警告灯が点灯する場合もあるのですね。

原因を知っていれば、不足の事態のときに色々と考える事ができるので、少しでも多くの原因を知っていると安心ですね。

エアフローセンサーが原因の場合は、DIYでも整備や交換が出来る可能性もあるんですね。

 

フォルクスワーゲンには他にもつきやすい警告灯がある?

トランスミッション警告灯 フォルクスワーゲン 原因 修理費

フォルクスワーゲンの車に乗っていると、トランスミッション警告灯の他には、どんな警告灯が点灯しやすいのでしょうか?

一つでも多く、警告灯が点灯する原因や対処法を知っていると、トラブル発生時に対応できる幅も広がりますよね。

実際に、点灯する割合が高いものを取り上げてみましたので、一緒にみてみましょう。

 

エンジンオイル警告灯

トランスミッション警告灯 フォルクスワーゲン 原因 修理費

まず、1つ目はエンジンオイル警告灯の点灯が挙げられます。

ヨーロッパは、環境への負担軽減にとても厳しいので、廃油の発生を少しでも減らすためにオイル交換はせずに継ぎ足しすることを念頭にしています。

そのため、エンジン保護にかかせないオイルが規定量を下回りそうになると、エンジンオイル補充を促すためにエンジンオイル警告灯が点灯します。

国産車は、定期的な交換を想定してるので、エンジンオイル警告灯が点灯する機会はあまりありませんが、欧州車では継ぎ足し用に携帯しやすい500mL程度の少量包装の商品が売られています。

エンジン性能が売りであるフォルクスワーゲンは、他のメーカーよりもエンジンオイル残量についての管理が厳しい印象があります。

オイルが不足すると、燃費が悪化したり、エンジンの寿命が縮んでしまったり、何よりもエンジン本来の性能が発揮されないので、エンジンオイル警告灯が点灯しやすいのです。

 

空気圧警告灯

トランスミッション警告灯 フォルクスワーゲン 原因 修理費

2つ目に多いのは、タイヤの空気圧警告灯の点灯です。

車種によっては、メーターの車両情報に空気圧モニタリングシステムの搭載があるくらい、空気圧に敏感です。

ドイツの高速道路の推奨速度が130km/h(速度無制限の区間も?)と日本よりも高いために、タイヤの空気圧管理は非常に重要なためです。

タイヤ空気圧の既定値以下の低下は、タイヤの摩耗を早めるだけではなく、燃費の悪化や、タイヤが適正な冷却がされずにバーストしやすい状況になるなど、非常に危険を伴うためです。

日本では街乗り程度の速度では、タイヤの空気圧が下がっていても、大きな支障がない場合がほとんどですが、海外の場合はタイヤ空気圧の以上は最悪大事故に繋がるため、老若男女問わずに重要性を理解しているほどなのです。

ですから、海外と日本の文化の違いもあり、ちょっとした空気圧の異常で空気圧警告灯が点灯してしまい、『外車は面倒』と思われがちですが、それは大間違いなのです。


トランスミッション警告灯以外のフォルクスワーゲン車の表示されやすい警告灯の種類が分かりましたね。

車文化の違いもあり、ちょっと面倒だなと思うかもしれませんが、『より安全』を求めた結果なのですね。

警告灯の種類によっては、故障や以上のお知らせではなく、危険を未然に防ぐ『安全』の意味合いもあるのですね!

 

新車・中古車を買う時の下取り車を高く売る方法は?

新車・中古車を安く買うには、値引きをしてもらうのが圧倒的に早いですが、あなたに下取り車があるのならば、その車を下取りに出せば更に安く買えますよね。

しかし、ディーラーの下取り金額に騙されてはいけません!!!

ここで注意すべき事は、「ディーラーは下取り金額を低めに見積もっている」という事。

また、


値引きは限界です。その代わり下取り金額に10万円上乗せしたので、これで契約してください!

と言ったセールストークに誤魔化され、あやうく損するといった場面も見受けられます。

やっぱり、1円でも高く下取りに出したいですよね?

そのためにも、ある程度の今あなたの乗っている車がいくらで売れるのか相場を知っておく必要があるのです。

そんな時に役立つのが、かんたん車査定ガイドになります。

そこで、下取りに出したい車を一括査定してもらって買取価格の相場を知ってその見積書を提示して、それより高くしなければ下取りに出しませんとあなたの下取り車を高く売るために交渉する最大の武器となります。

私もディーラーに車を下取りに出した時、ラブ4の初めの提示金額は40万と言われました。

そこで、車買取査定サイトから無料査定をしてもらった結果、57万円という買取金額が出て唖然としました。

あやうく17万円を損するところでした!

その後、私は再びディーラーへ行って車買取査定サイトで表示された買取相場をディーラーへ伝えたところ、車下取り価格を17万円+1万円UPしてくれました。

初めから相場以上の金額で対応してくれよと思いながらも、車買取査定サイトを知らなくては損するのは当たり前ですね。

だからこそ、下取り買取金額を出してもらう前に、利用していくのを忘れないようにして下さいね。

かんたん車査定ガイドでは、1分ほどの入力で申し込み後、買取相場が表示されます。

ディーラーの下取り買取価格と比較したい方・すぐに相場を知りたい方は、無料ですぐに利用できるのでお早めに利用してくださいね。

>>無料査定はこちら<<

 

まとめ

トランスミッション警告灯 bmw 原因 修理費

この記事では、ボルボ車のトランスミッション警告灯が点灯した時の原因と修理費についてご紹介してきましたが、如何でしたか?

ボルボ車は、エンジンオイルやタイヤの空気圧に敏感なんですね。

他の警告灯が点灯した場合でも、トラブルの原因によっては大きな事故に繋がりかねないので、点灯しやすい警告灯について覚えておくと、いざというときに適切な対応ができますね。

ボルボに乗っていて、トランスミンション警告灯が点灯してしまった場合に、対処法や修理費について知っていれば安心ですよね。

かんたん車査定ガイド

関連記事

エンジン警告灯 消し方 トヨタ

トヨタ車のエンジン警告灯の消し方

ワーゲンゴルフの警告ランプにはどんな種類があるのか

エンジン警告灯 修理代 アルファード

アルファードのエンジン警告灯がついた時の修理代はいくら?

エンジン警告灯 原因 ガタガタ

エンジン警告灯がつきガタガタ揺れ始める時の原因・対処法

エンジン警告灯 原因 ダイハツ

エンジン警告灯がついたら?原因・対処法をご紹介

ホンダ車のエンジン警告灯の消し方は?