エンジンブレーキの使い方・オートマ坂道では

bmw 3シリーズ 内装 しょぼい 何年乗れる

▼下取り車を1円でも高く!▼

▲最高査定額が無料で分かる!▲

廃車のことならお任せください!【廃車ラボ】
Pocket

この記事では、オートマ車で坂道走行する時どの様にエンジンブレーキを使用すると効率的な走りが出来るかについてご紹介します。きっと、エンジンブレーキについて知るとお財布にも優しい走行が出来るはず!

それでは、オートマ車を運転される方のお役立ち情報となる事を願いつつ・・・。

オートマ車で燃費良く理想の走りを実現する為のエンジンブレーキの使い方について、情報をお届けしていきますので、最後までお見逃しなく!


燃費効率が良いと、パパもママも笑顔です!

エンジンブレーキを上手に使って、お財布に優しい走行が出来た分だけ皆で美味しい物を食べて帰りましょう。

エンジンブレーキのおかげで家族皆が笑顔です。

 

どうして坂道でエンジンブレーキを使う必要があるの?

確かに長い下り坂走行の時はエンジンブレーキを使うと良いと聞いたことがある方も多いでしょう?
そこで、なぜエンジンブレーキを使う必要があるのでしょうか?
ここでは、坂道走行中のエンジンブレーキの必要性についてご紹介します。

そもそもエンジンブレーキとは?

エンジンブレーキは、一般的に運転されているエンジン車ならば、使用可能です。

ブレーキの利かせ方を説明すると、オートマ車ならDやS、旧式の車だと2、1、Lに入れアクセルを戻すだけで作動します。

平地走行中をイメージしてくださいね。

ギヤを入れた状態で、アクセルを踏めば当然ながら、車は加速しますよね。

また、ギヤを入れた状態でアクセルを戻す。

(緩める事で)ブレーキを踏まなくとも、車は減速傾向となります。

エンジンブレーキとは?自動車等、エンジンで車輪を動かる車両において説明すると?

エンジンに燃料を送り込まなくとも、エンジン抵抗により生じる制動作用の事を意味します。エンジンブレーキとは?制動装置が独自にはありません。自動車等ではアクセルペダルを戻して、 エンジン出力を下げるとエンジンブレーキ作用が生じるのです。

エンジンブレーキを簡単説明すると、こんな感じですね。

なのでエンジンブレーキとは?そもそもが、常識的な走行をしている方だと、そう難しく考える事なく、日常的に自然と行っている作業の一つだったのです。

フェード現象とは

フェード現象を、一言で言うと?下り坂で摩擦ブレーキを連続使用する事により、ブレーキの効きが悪く現象の事。

摩擦ブレーキを連続的に使用する事によって、ゴムや樹脂は過熱されてしまいます。

結果として、耐熱温度が基準値を超えて摩擦材が分解され・ガス化される事によって、ブレーキローターの間に入り込んでしまいます。

最終的には、ガス膜が潤滑剤と化し、摩擦係数低下という状況になってしまいます。

この様に、摩擦係数が下降し制動低下した車になってしまうと、ブレーキペダルはいくら強く踏んでも、絶対に走行は止まりません。

重大事故に繋がる前に、日常的にメンテナンスする必要性を再認識してくださいね。

ペーパーロック現象とは?

ブレーキが突如として、効かなくなる現象の事をベーパーロック現象と言います。

ブレーキのトラブルですね。

ブレーキフルード沸騰により、ブレーキの配管内に気泡が生じて、ブレーキが全く作動しなくなる現象の事をペーパーロック現象と言うのです。

このペーパーロック現象は、大げさな話ではなく、本当に死傷者が出る危険性があります。フェード現象同様に注意が必要となります。


車の生命線である”ブレーキ”まさか効かなくなるなんて・・・想定外の事と思いますが・・・いつどうなるかわからないものです。万が一”ペーパーロック現象”が発症すると、本当に大事故に繋がる危険性だってあります。日ごろからのマイカーのメンテナンスの重要性を痛感しますね。

 

オートマ車でエンジンブレーキを使う方法は?

オートマ車のドライバーさん!エンジンブレーキを上手に活用していますか?

上手に活用する事で、きっと愛車にもお財布にも優しい走行を実現出来るはず。

一度やってみると、意外と簡単なのです。

効率的な走りの為にも身に付けましょう。

 

オートマ車はマニュアル車に比べてエンジンブレーキの効きが悪い?

この問題は、結論から言うと、ずばり効きが悪いと言えます。

オートマ車は、マニュアル車よりは安全性に差があります。

MT車は停止の際、シフトダウンする事によりエンジンブレーキを効かす事が可能となる。一方で、オートマ車とは、Dに入れたままだとエンジンブレーキを効かせる事が出来ません。D以下にギアを入れる事で初めて、エンジンブレーキを効かせる事が出来るのです。ですが、現実オートマ車のドライバーはDにギアを入れたままの方が多いでしょう。

こうした実情からも、マニュアル車が見直されている点も理解出来るのです。

もう一つがATでの踏み間違いと言えます。焦っていたり、同じ動作を繰り返していたりすることにより、ブレーキとアクセルを踏み間違える事故が後を絶たない。MTの場合、クラッチで駆動を断つことができるので、踏み間違いの事故はほとんど起こりえないといえる。還暦を迎えた某元レーシングドライバーは「ボケ防止のためにもMTの運転をすすめる」という。両手両足を使った運動と、踏み間違いが起きにくい仕組みとして、MTの有効性を訴えた。

MT車復活の兆しもなくはないが……

時代は、まさに後期高齢者が加速する昨今となっており、少子化も深刻な問題となっている。これらの問題は、実は車社会にも深刻な影響と共に、自動車製造にも少なからず影響を及ぼす事となっています。近年は、オートマ車が大半を占める様になりました。

ですが、高齢者にとって運転をする上で、脳を使う車となると?

答えは、MT車という事になります。

オートマ車は、どうしてもギアを入れたままでブレーキさえ踏めば、走行して危険を回避する事が出来ます。

ですが、MT車はギアの入れ方が走行には不可欠となります。

高齢ドライバーが加速した今の時代は、オートマ車は逆に危険が高く、脳を使うMT車の復活を指示する声も高くなっているとも言われています。

ですが、MT車の運転から遠ざかっていたオートマ車使用のドライバーだと、まるで教習所で訓練していた時に戻る運転となるでしょう。

MT車を根強く指示する声もある一方で、MT車がオートマ車同様に走行される時代を迎える事は、まずありえないと言えるでしょう。

エンジンブレーキを使う時の注意点は?

エンジンブレーキは、直ぐには効きない事を知っておきましょう。

少々のタイムラグがある点を理解しておきましょう。

そもそも車とは?ダブルクラッチを使用してシフトダウンをしている時は、ノーブレーキで走行しています。

ですから、制動距離が長くなります。

前の車との間には、しっかりと車間距離を取っておく事が必要となるのです。

万が一の時には、車間距離がないと非常に危険です。

ですからエンジンブレーキとは、まさに補助的装置としての役割であると捉えましょう。

エンジンブレーキを主たるブレーキとする事なく、主たるブレーキはフットブレーキである事を今一度しっかりと認識する事が重要であると言えるでしょう。

常々、速度と車間距離にゆとりを持って運転していれば、 メインのブレーキとして考えてもそう大きな問題はありませんが、 メインの制動装置は、あくまでもフットブレーキです。

エンジンブレーキはエンジンに負荷がかかる?

エンジンブレーキを使用すると、エンジンに負荷がかかるって本当でしょうか?

答えは、エンジンに負荷がかかる事はありません。

ご安心下さいね。

逆に、エンジンブレーキを使用する事によって、熱くなりすぎたエンジンを冷やす効果があるのです。

まずは、この基本を知っておきましょう。

その上で、エンジンに負荷がかかると思っている方は?

そもそもの問題点として、エジンブレーキの掛け方に問題がある事をお伝えします。

エンジンブレーキの使用によるのではないのです。

 


なるほど!まさかエンジンのかけ方が問題であったとは!車に優しいエンジンのかけ方を身に付けましょうね。

エンジンブレーキの上手い使い方は?

1つ目:エンジンブレーキで山道走行

山道走行中は、特にエンジンブレーキの使い方がポイントです。

エンジンブレーキの使い方により、スピードが制御が可能となります。

加速しすぎを防ぐ為にも、上手にブレーキを踏みながら走行するのが理想です。

ブレーキを過度に踏み過ぎるち、ブレーキは摩擦熱がかかりブレーキの利きが悪くなります。いざと言う時!非常に恐ろしいリスクを伴う事になるのです。

2つ目:エンジンブレーキの上手な使い方とは?

そこで、長い下り坂走行の際には、どの様なエンジンブレーキの使い方をすると良いのでしょうか?

この点が、効果的な走行にとっては必須となるのです。

AT車のケースでお話しを進めます。

下り坂走行にさしかかる時は、ギアをDモードから2かL、マニュアルモードに変えます。この様に、ギアチェンジをする事でスピードが出にくくなり、ブレーキを必要以上に踏む事を避ける事が出来るのです。
こうした状態ギアを合わせておく事によって、坂道やカーブ等といった急な箇所ではアクセルを踏まずに済むのです。

自然とエンジンブレーキが作動する事によってスピードが減速され危険も回避の回避にも繋がります。
上手にエンジンブレーキを使用する事で、ギアチェンジとエンジンブレーキを上手に組み合わせて機能させる事が出来ます。

その結果としてエンジンブレーキは、より効率的な役割を果たす事となるのです。

こうしたエンジンブレーキの使用が出来ると、フットブレーキを踏む回数は、大幅に少なくする事が出来るのです。

こうしたエンジンブレーキの使用方法が出来るドライバーは、まさに優秀であると言えるでしょう。

 

新車・中古車を買う時の下取り車を高く売る方法は?

新車・中古車を安く買うには、値引きをしてもらうのが圧倒的に早いですが、あなたに下取り車があるのならば、その車を下取りに出せば更に安く買えますよね。

しかし、ディーラーの下取り金額に騙されてはいけません!!!

ここで注意すべき事は、「ディーラーは下取り金額を低めに見積もっている」という事。

また、


値引きは限界です。その代わり下取り金額に10万円上乗せしたので、これで契約してください!

と言ったセールストークに誤魔化され、あやうく損するといった場面も見受けられます。

やっぱり、1円でも高く下取りに出したいですよね?

そのためにも、ある程度の今あなたの乗っている車がいくらで売れるのか相場を知っておく必要があるのです。

そんな時に役立つのが、かんたん車査定ガイドになります。

そこで、下取りに出したい車を一括査定してもらって買取価格の相場を知ってその見積書を提示して、それより高くしなければ下取りに出しませんとあなたの下取り車を高く売るために交渉する最大の武器となります。

私もディーラーに車を下取りに出した時、ラブ4の初めの提示金額は40万と言われました。

そこで、車買取査定サイトから無料査定をしてもらった結果、57万円という買取金額が出て唖然としました。

あやうく17万円を損するところでした!

その後、私は再びディーラーへ行って車買取査定サイトで表示された買取相場をディーラーへ伝えたところ、車下取り価格を17万円+1万円UPしてくれました。

初めから相場以上の金額で対応してくれよと思いながらも、車買取査定サイトを知らなくては損するのは当たり前ですね。

だからこそ、下取り買取金額を出してもらう前に、利用していくのを忘れないようにして下さいね。

かんたん車査定ガイドでは、1分ほどの入力で申し込み後、買取相場が表示されます。

ディーラーの下取り買取価格と比較したい方・すぐに相場を知りたい方は、無料ですぐに利用できるのでお早めに利用してくださいね。

>>無料査定はこちら<<

まとめ

エンジンブレーキ 燃費悪くなる オートマ

この記事では、エンジンブレーキの効率的な使い方や、オートマ車で坂道を走るときのエンジンブレーキの使い方についてご紹介してきましたが、如何でしたか?

あなたも、エンジンブレ―キを効率的に使用して愛車でより良い走行を実現してくださいね。きっと、一度正しいエンジンブレーキの使用が出来る様になると、燃費効率も上がり家計にも優しい走行となるのです。

▼下取り車を1円でも高く!▼

▲最高査定額が無料で分かる!▲

廃車のことならお任せください!【廃車ラボ】

関連記事

エンジンブレーキ 燃費悪くなる オートマ

オートマ車でのエンジンブレーキ使用は燃費悪くなるって本当?

エンジンブレーキとは 仕組み 負担

エンジンブレーキとは?仕組みや負担を減らす方法も

エンジンブレーキ 異音 原因

エンジンブレーキから異音がする場合の原因・対処法

エンジンブレーキ 低速ギア 制動力

エンジンブレーキは低速ギアの方が制動力が上がるって本当?

エンジンブレーキ 使いすぎると 効きが悪くなった

エンジンブレーキを使いすぎると効きが悪くなったりする?