ディーラーは持ち込みでドラレコ取り付け可能?費用・注意点も紹介

ディーラー 持ち込み ドラレコ

▼下取り車を1円でも高く!▼

▲最高査定額が無料で分かる!▲

Pocket

今回はディーラーに持ち込みでドラレコを付けてもらうことは出来るのか、その際の費用や注意点についてご紹介します。

最近では事故だけでなくあおり運転などドラレコが重要視される事件も多いですよね。

また、社外品では比較的安価なものから幅広い価格で販売されています。

それらをディーラーに持ち込んで取り付けしてもらうことも可能なのでしょうか。

それでは、ディーラーに持ち込みでドラレコを付けてもらうことは出来るのか、その際の費用や注意点についてお届けしていきますので、お見逃しなく!


以前は前方用のみの装着が9割でしたが、最近では前方だけではなく、後方への装着も少しずつ増えてきました。

これから装着しようと思っている方も多いと思いますので、注意点など気になりますね。

ディーラーにドラレコの持ち込みはできるの?

ディーラー 持ち込み ドラレコ

ディーラーでの新車の購入時に純正品を装着することはもちろん可能ですが、車検や点検の際に純正品や社外品の持ち込みなどの装着は可能でしょうか?

 

新車時以外にドラレコはつけてくれるの?

もちろん車検や点検の際、それ以外でもディーラーで装着を行ってくれます。

ですが、純正品にはメーカーオプションのものとディーラーオプションの物があります。

もちろんメーカーオプションの物は出荷時に工場から取り付けられてきますので、新車購入時以外には取り付けられません。

ですが、ディーラーオプションのものはディーラーの店舗で取り付けしますので購入時以外にでも取り付けが可能です。

また純正品の場合は1年間の保証もあります。

 

中古車でも持ち込んでも良い?

もちろん可能です。

中古車で購入した車がドラレコを未装着だった場合、購入店ではなくディーラーに依頼することも可能です。

そして、系列のディーラーでなくても持ち込みは可能です。

ディーラー=新車のみの取り扱い、というイメージをお持ちの方が多いかもしれませんが、全く問題ありませんし、意外とディーラーは皆さんの思っているほど敷居は高くありませんよ!

 

社外品の持ち込みをしても良いの?

ディーラーでは社外品を持ち込んで取付依頼をした際、断られてしまうケースもあります。

ネットなどで購入する場合は、かかりつけのディーラーが持ち込み可能なのか、また不可の場合は持ち込みが可能なディーラーが近隣にあるかをしっかりリサーチしてから購入する事がお勧めです。

また、持ち込みでの取付が可能な店舗でも、通常の工賃より高くなることもあるので、事前に問い合わせてみて確認するようにしましょう。


新車購入時は付けなかったけども、やっぱりセキュリティ面でも付けようと後々思う可能性もありますよね。

その場合も、ディーラーでは対応してもらえるとのことですから安心ですね。

 

ディーラーにドラレコを持ち込んだ場合の費用は?

ディーラー 持ち込み ドラレコ

ドライブレコーダーも、ナビ連動型の物からモニターが一体型の物など様々あります。

もちろん価格もピンキリですよね

ですが事故などが起きた際に、映像を見ると不鮮明だったり必要なところが録画されていなければ意味がありません。

一体ドラレコを取り付けるのにどのくらいの費用を思っておけば良いでしょうか?

 

純正品のドラレコの相場

ドライブレコーダーといっても、もちろん機能により価格はピンキリです。

10,000円を切るエントリーモデルから、GPS内臓、高精細記録のハイレベルなものまであります。

その中でも売れ筋価格帯は20,000円台くらいのモデルが、機能と価格のバランスが取れているようです。

工賃は、どこのディーラーでも9,000円から12,000円くらいです。

ディーラーでは配線を見えないように内装内側を這わせるように装着してくれますので見栄えも良いですね。

車検やその他の整備と一緒に行ってもらうことで、多少の割引は期待できるかもしれません。

 

社外品を持ち込んだ場合の相場

最近ではネットで販売されているドラレコ、安価で高品質なものもありますので可能であればそれらを持ち込みたいですよね。

ですが、この場合は上記の純正品の工賃と変わってきます。

工賃は高くなりますし持ち込み取付そのものをやらないところも多いです。

保証の面においてどれだけそのディーラーが担保してくれるかによっても変わりますが、工賃は高いが保証はしない場合もあるかも知れません。


社外品のドラレコは、価格層が大変幅広い為に一概にどのくらいなのかは断言できません。

また、工賃についてもディーラーによって様々なようですね。

 

ディーラーにドラレコを持ち込む際の注意点は?

ディーラー 持ち込み ドラレコ

ドラレコをディーラーに持ち込んで取り付けしてもらう際どのようなことに注意するのが良いでしょうか?

 

付属品はきっちり準備しておく

『付属品をきちんと揃えておくこと』もとても重要です。

付属品が揃っていないと取り寄せになり別途部品代などが上乗せされ、余計な出費となりますし、せっかく価格を抑えた社外品にした意味がなくなってしまいますよね。

また、属品などが揃っていても車種やグレードによって適合しない場合もあります。

その為には、付属品・保証書・車種・グレード・年式の確認は事前にしっかりとチェックしておきましょう。

 

もしもの際の責任の所在

事前に何か不具合があった場合の責任の所在や、ユーザー側が切り分けなければならない部分については打ち合わせをしておく事がオススメです。

不具合があっても再度持ち込みを行い、点検や再設置を行った場合で、不具合の要因が商品に起因するものであった場合、工賃が2倍になってしまう可能性もあります。

その工賃をメーカー側に請求したとしても、その部分に関してはメーカーは負担しないのが一般的です。

個別のディーラーの請負条件にもよりますが、工賃が高い割に保証が受けられないというパターンも要注意です。


1番怖いのは、本体を購入したが愛車には適応しなかったというパターンですよね。

部品なども、接続用のコードなど車種に合わせて必要ですから、1番安く抑える為には念を押した確認が重要です。

 

 

持ち込みのドラレコを選ぶ時のポイントは?

ディーラー 持ち込み ドラレコ

では、今日では皆さんどのようなドラレコを装着される方が多いのでしょうか?

社外品を購入の際押さえておきたいポイントを見てみましょう!

 

画質の目安

ドラレコは事故の際にも有力な証拠となります。

その為、『相手のナンバーが読み取れるかどうか』など事故の現場をどれだけわかりやすく録画出来るかが重要です。

そのため、できるだけ画質のよいドライブレコーダーを選びましょう。

画質のよさは、主に『解像度』と『画素数』で表されますので、解像度は『1920×1080(フルHD)』、画素数は『200万画素』以上がオススメです。

 

撮影できる視野の目安

事故は必ず真正面で起こるとは限らず、斜めから当てられることもありますので撮影できる視野角は広いほど安心できますよね。

ドラレコの画角には横の撮影範囲を表す『水平画角』、縦の撮影範囲を表す『垂直画角』、斜めの撮影範囲を表す『対角画角』の3つがあります。

このうち水平画角は、各メーカーによって平均値はまちまちなのですが、できれば108°以上で、可能であれば120°以上の水平画角を持つ機種を選んでおくことがオススメです。

 

前後両方にドラレコを装着

最近ではあおり運転でのトラブルも増えている為、2つのカメラで前後撮影ができる製製品が人気です。

前方用を取りつけ、やっぱり後方も装着しようとなると、2つのドラレコを購入することとなり、それぞれに費用がかかってしまうだけでなく、設置や撮影した映像の再生管理などの手間がかかってしまいます。

そこで、フロントのほかに、リアカメラを同梱したドライブレコーダーに人気です。

 

駐車監視機能もあると良し!

『駐車監視機能』が付いた製品も次々と販売されています。

これは、駐車場に停めている間も録画してくれると言うものです。

駐車場へ停めている間に、当て逃げされてしまった場合など自分は乗っていないわけですから、誰がぶつけてのかわかりませんが、少なくともぶつかってきた相手に責任がありますので、ドラレコで録画していれば十分証拠となりますよね。

駐車監視機能には、衝撃を感知して録画を開始するタイプ、常に録画しておいて衝撃を感知すると前後の動画を保存するタイプ、動体を検知して録画するタイプの3種類があります。

事故は、クルマが動いているときだけとは限りませんし、意外とスーパーなどで駐車中に当てられていたというのは良く耳にします。

その為、できるだけ駐車監視機能付のドラレコを選んでおくと更に安心ですよね。


最近のドラレコはとても高品質ハイスペックですね。

ですので、これらをポイントに愛車に合うものを選びましょう。

 

新車・中古車を買う時の下取り車を高く売る方法は?

新車・中古車を安く買うには、値引きをしてもらうのが圧倒的に早いですが、あなたに下取り車があるのならば、その車を下取りに出せば更に安く買えますよね。

しかし、ディーラーの下取り金額に騙されてはいけません!!!

ここで注意すべき事は、「ディーラーは下取り金額を低めに見積もっている」という事。

また、


値引きは限界です。その代わり下取り金額に10万円上乗せしたので、これで契約してください!

と言ったセールストークに誤魔化され、あやうく損するといった場面も見受けられます。

やっぱり、1円でも高く下取りに出したいですよね?

そのためにも、ある程度の今あなたの乗っている車がいくらで売れるのか相場を知っておく必要があるのです。

そんな時に役立つのが、かんたん車査定ガイドになります。

そこで、下取りに出したい車を一括査定してもらって買取価格の相場を知ってその見積書を提示して、それより高くしなければ下取りに出しませんとあなたの下取り車を高く売るために交渉する最大の武器となります。

私もディーラーに車を下取りに出した時、ラブ4の初めの提示金額は40万と言われました。

そこで、車買取査定サイトから無料査定をしてもらった結果、57万円という買取金額が出て唖然としました。

あやうく17万円を損するところでした!

その後、私は再びディーラーへ行って車買取査定サイトで表示された買取相場をディーラーへ伝えたところ、車下取り価格を17万円+1万円UPしてくれました。

初めから相場以上の金額で対応してくれよと思いながらも、車買取査定サイトを知らなくては損するのは当たり前ですね。

だからこそ、下取り買取金額を出してもらう前に、利用していくのを忘れないようにして下さいね。

かんたん車査定ガイドでは、1分ほどの入力で申し込み後、買取相場が表示されます。

ディーラーの下取り買取価格と比較したい方・すぐに相場を知りたい方は、無料ですぐに利用できるのでお早めに利用してくださいね。

>>無料査定はこちら<<

 

まとめ

ディーラー 持ち込み ドラレコ

今回はディーラーに持ち込みでドラレコを付けてもらう事は出来るのか、その際の費用や注意点についてご紹介してきましたが、如何でしたか?

結論的に言うと一部ディーラーでは可能ですが、保証などの面では不安が残ると言う事でした。

ネットで持ち込みで取り付けをしてくれる店舗を探して見ても、ディーラーは掲載されていないことが多いです。

ですが、私の知っているだけでも持ち込みを請け負ってくれるディーラーはいくつかありますのでまず問い合わせてみることがオススメです。

▼下取り車を1円でも高く!▼

▲最高査定額が無料で分かる!▲

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ディーラー 在庫車 値引き 納期

ディーラー在庫車の値引きはできない?納期は早いの?

ディーラー バッテリー 高い 変える

ディーラーのバッテリーを変えるのが高いのはなぜ?

ディーラーで修理箇所を見てもらうのに料金はいくら掛かる?

ディーラー車検で代車費用はいくら掛かる?無料で借りれる?

ディーラー車検に掛かる日数・時間は?メリット・デメリットも解説

ディーラーローン 金利交渉 審査 流れ

ディーラーローンの金利交渉の仕方&審査の流れ