ディーラー車検で代車費用はいくら掛かる?無料で借りれる?

▼下取り車を1円でも高く!▼

▲最高査定額が無料で分かる!▲

Pocket

今回は、ディーラー車検で代車を借りた際の費用はいくらなのか?についてご紹介します。

ディーラーだけでなく車検を受ける際に気になることの一つの代車を借りるかどうか。

通勤などに車を使っている場合、車検で預けている間車が無ければ困ってしまいますよね。

ですが、代車を借りるのに費用が発生するのか、そもそもどのくらいの費用がかかるのか気になりますよね。

それではディーラー車検で代車を借りた際にかかる費用についてお届けしていきますので、お見逃しなく!


日頃から頻繁に車を使っている場合、例え車検の間だけでも車が無い生活は大変ですよね。

その為、代車を借りると言うのは頭に浮かぶかと思いますが、実際代車を借りるのは無料なのでしょうか?

ディーラー車検を受ける間の代車費用は有料?無料?

ディーラー 代車 事故 保険

いきなり本題です!

やはり1番気になるのはディーラー車検を受ける間、代車を借りるのは有料か無料かですよね。

どのような店舗が多いのか見てみたいと思います。

 

多くは無料の店舗が多い!

基本的には、車検時の代車貸出しはお店側のサービスである場合が多いです。

国内メーカーのディーラーでは大半がこのようなサービスを行っています。

代車にも3つの種類があります。

 

①信頼で代車を無料で貸し出してくれる

多くのディーラーでは車検や修理で預かっている際に貸し出し用に代車を持っています。

その中から、空いている代車を貸出してくれます。

 

②試乗車やメーカーのロゴ入りの車

①の代車の在庫が無かったり、お客様のニーズに合った代車の在庫が無い場合は、試乗車などメーカーのロゴ入りの車を貸し出すことがあります。

ですが、試乗車はやはりメインは新車の営業に必要ですから、あまり頻繁に代車として貸し出すことはありません。

 

③レンタカーを借りてくれる

これは行っている店舗も少ないかもしれませんが、一部では自社に用意できる代車がない場合、ディーラー自身が提携のレンタカーから車を借りて代車を用意してくれる場合があります。

この場合の費用はディーラーが持ってくれることがあります。

ですが、試乗車や代車の在庫は無限にあるわけではありませんので、もちろん用意してある代車が出はらっていると借りられないケースもあります。

 

貸出が有料の店舗もある

もちろん、ディーラーが持っている代車の貸し出しに賃料がかかる店舗もあります。

その為、代車を断ればその分の値引きになる場合があります。

ですが、基本的には国内メーカーではこのようなケースは少ないようです。

 

レンタカーを紹介してくれる場合もある

また、こちらも有料で代車を貸し出してくれるわけですが、上記はデイーラーが持っている代車ではなく、ディーラーからレンタカーを紹介してくれ、そちらからレンタカーを代車代わりにレンタルすると言うことになります。

その為、こちらも賃料が発生します。


国内メーカーでは代車の貸し出しが無料の場合が多いと思っていましたが一部では有料の場合もあるんですね。

無料が当たり前と思っていてはいけませんね。

 

ディーラー車検で代車が有料の場合の費用はいくら?

ディーラー 車検 代車 費用

一部では代車の貸し出しが有料のところがあるとわかりましたが、有料の場合どのくらいの費用がかかるのでしょうか?

車検だけでも高額ですから、代車は出来るだけ抑えたいですよね。

 

ディーラーが持っている代車を借りる場合

有料の場合はだいたい日額数千円が相場のようです。

4,000円の請求があったとの口コミも見かけました。

そして、だいたい車検に要する日数は2~3日なので、4,000×2~3日分となり、8,000円~12,000円ですので、10,000円前後と言う事になります。

 

レンタカーを借りる場合

レンタカーは、車検など関係なく普通にレンタカーを借りるのと大した差はありません。

またこの費用はレンタカー会社によって異なります。


最近ではごく一部のようですが、このように費用がかかるディーラーもあるようです。

なので、『代車は必要ですか?』と聞かれた場合は費用の確認も忘れずにしましょう。

 

ディーラー車検で無料で借りれる代車はどのような車?

ディーラー 代車 事故 保険

ディーラーではサービスで代車を借りれることがわかりました。

では、実際にどのような車を借りれるのでしょうか?

この機会に高級車を乗ってみたい!など思われている方もいるのではないかと思います。

実際それは可能でしょうか?

 

高級車は難しい!

結論を先に言いますと、高級車は難しいと思われます。

まずやはり高級車は維持費もそれなりにかかりますので、代車として用意している場合の方が少ないです。

ただ、どうしても気になる車種がある場合はまず1度たずねて見てください。

もしかすると、試乗車等で対応してくれる可能性もあります。

 

借りる人の車のクラスに合わせた車種

グループ店や提携店があれば、そのネットワークで代車を店舗間で移動することもあるかもしれませんが、基本的にはある物のなかから、店側が選んで貸し出しするというのが定番のスタンスです。

また、複数代車を用意しているお店では、軽自動車、コンパクトカー、セダン、ミニバンなど、代車を借りる人の車のクラスに合わせて、100万円台、200万円台~と用意している場合も多いようです。

 

代車にはあまり期待しないのが常識?

基本的には、車検に出している車と同等クラスの代車を貸し出してもらえることが多いですが、もちろん出払ってしまっていると、軽自動車だった、すごく古かったという場合もあります。

日頃と違う車に乗れることを楽しみにしている方には少し残念ですよね。

ですが、実際には代車は間に合わなければ最悪、社員の自家用車を貸し出すこともあるくらいです。

サービスで貸し出ししてもらえるのですから、安全に整備されたものなら何でも良し!と言うスタンスでいる方が良いと思います。

ですが反対に、試乗車等新しい車を貸してもらえる場合もあるのでそのような時はラッキーですね。


代車は良い悪い様々ですが基本的にはあまり期待してはいけないんですね。

代車を借りれるだけ有難いと思うしかないかもしれないですね。

ですがもし、愛車を預けている間に何か用事で必要な車(軽ではなく普通車を)などある場合は一応相談してみましょう。

 

ディーラー車検で代車を借りる際に注意したい事は?

ディーラー 代車 事故 保険

では実際にディーラー車検で代車を借りた場合はどのようなことに注意しておけば良いのか知っておきましょう。

 

元キズの確認

有料でも無料でも代車を借りる場合は『契約書の確認』と『元キズの確認』は忘れないようにしましょう。

無料で借りたつもりが不意の事故などで高い請求をされたり、返却する時にキズの有無でトラブルになる可能性も考えられます。

双方が気持ちよく取引できるよう、借りる前のチェックはとても重要です。

 

返却時のガソリン

代車ということで基本的には最初からいくらかのガソリンが入っていると思いますが、だいたいどのくらいの量が入っていたのか覚えておくようにしましょう。

返却時にはその最初に入っていた量までガソリンを給油して返却するというのがマナーです。

マナーと言うだけで絶対と言うわけではありませんが、やはり自分が使用した分は自分で給油するのはモラルですよね。

ですが、ディーラー側から給油せずそのままの返却で良いと言われた時は有難くそのまま返却すれば良いと思います。

これらも店舗によって異なります。

 

万が一の事故などが起きた場合

車に乗っている以上100%無いと言い切れないのが事故ですよね。

人身事故・物損事故・当て逃げいくつかありますが、どの場合も基本的に借りてる側(お客さん側)の保険を優先的につかい修理や損害賠償を行うことになります。

もちろん当て逃げされた場合でも、借りてる側が責任を負う事になります。

このようにしないと、事故が起きるごとにディーラーが負担を負う事になってしまうので当たり前ですよね。

ただ、『優先的に』ですので借りた側の保険の限度額を超えてしまう場合もありますし、当て逃げなどでもともと代車自身がボロボロだから、修理費はもう良いと言ってもらえることもあるようです。

もし、このような事故などに巻き込まれた時の為に自信の自動車保険の補償内容を代車を借りる前に確認しておくと安心ですね。

その際、対人賠償の限度額・対物賠償の限度額・車両保険の種類をチェックしておけば安心です。


元キズのチェックはとても重要ですね。

もしキズを付けてしまった場合などは、修理費全額負担になりかねませんので、元からあったキズはしっかり確認しておきましょう。

 

新車・中古車を買う時の下取り車を高く売る方法は?

新車・中古車を安く買うには、値引きをしてもらうのが圧倒的に早いですが、あなたに下取り車があるのならば、その車を下取りに出せば更に安く買えますよね。

しかし、ディーラーの下取り金額に騙されてはいけません!!!

ここで注意すべき事は、「ディーラーは下取り金額を低めに見積もっている」という事。

また、


値引きは限界です。その代わり下取り金額に10万円上乗せしたので、これで契約してください!

と言ったセールストークに誤魔化され、あやうく損するといった場面も見受けられます。

やっぱり、1円でも高く下取りに出したいですよね?

そのためにも、ある程度の今あなたの乗っている車がいくらで売れるのか相場を知っておく必要があるのです。

そんな時に役立つのが、かんたん車査定ガイドになります。

そこで、下取りに出したい車を一括査定してもらって買取価格の相場を知ってその見積書を提示して、それより高くしなければ下取りに出しませんとあなたの下取り車を高く売るために交渉する最大の武器となります。

私もディーラーに車を下取りに出した時、ラブ4の初めの提示金額は40万と言われました。

そこで、車買取査定サイトから無料査定をしてもらった結果、57万円という買取金額が出て唖然としました。

あやうく17万円を損するところでした!

その後、私は再びディーラーへ行って車買取査定サイトで表示された買取相場をディーラーへ伝えたところ、車下取り価格を17万円+1万円UPしてくれました。

初めから相場以上の金額で対応してくれよと思いながらも、車買取査定サイトを知らなくては損するのは当たり前ですね。

だからこそ、下取り買取金額を出してもらう前に、利用していくのを忘れないようにして下さいね。

かんたん車査定ガイドでは、1分ほどの入力で申し込み後、買取相場が表示されます。

ディーラーの下取り買取価格と比較したい方・すぐに相場を知りたい方は、無料ですぐに利用できるのでお早めに利用してくださいね。

>>無料査定はこちら<<

 

まとめ

ディーラー 代車 事故 保険

今回はディーラー車検で代車を借りた際にかかる費用はいくらなのか?についてご紹介してきましたが、如何でしたか?

ディーラー車検を受ける際の多くは代車は無料で貸し出してくれる場合が多いと言うのは毎日車が必要な方も多いと思いますし安心ですね。

ただ、在庫もありますし車検を予約する際にこの日は代車が借りられるかどうかを確認しておきましょう。

また、ガソリンについてや元キズについては代車を受け取る際にしっかり明確にしておくことをお忘れなく!

▼下取り車を1円でも高く!▼

▲最高査定額が無料で分かる!▲

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ディーラーのタイヤ交換は高い?廃車費用はいくらなの?

ディーラーローン 払えない アコム

ディーラーローンが払えない?アコムで借りて払うべきなの?

ディーラーで修理箇所を見てもらうのに料金はいくら掛かる?

ディーラーローン 借り換え 手数料

ディーラーローンの借り換えの手数料はいくら?注意点もご紹介

ディーラーローン 銀行ローン 違い

ディーラーローンと銀行ローンの違いは?借り換えの審査が厳しいのはどっち?

ディーラー 中古車 探してもらう 取り寄せ

ディーラーに中古車を探してもらう方法&取り寄せる場合の注意点