ノートe-POWERには裏設定がある?高速道路での追い越し時のオススメ設定は?

ノート e power 裏 設定 高速道路 追い越し

▼下取り車を1円でも高く!▼

▲最高査定額が無料で分かる!▲

Pocket

今回は、ノートe-POWERの高速道路での追い越し時にオススメな設定や裏設定についてご紹介していきます。

ノートe-POWERといえば、モーター駆動でエンジン車にはない加速を実現しており、加速面だけで見れば3リッター車並みと評価する人もいます。

加速した後の伸びが高速道路での追い越しでは必要になってきますが、高速道路で楽に追い越しするために、普通車と同等くらいの走行性能は求められるでしょう。

ノートe-POWERの最高速はどれくらいなのかも見ていきたいと思います!

それでは、ノートe-POWERの高速道路での追い越し時にオススメな設定や、裏設定についてお届けしていきますので、最後までお見逃しなく!

新型ノートe-POWERに裏設定があるって本当?

ノート e power 裏 設定 高速道路 追い越し

もともと日産車には裏設定やコマンドが存在していますが、ノートe-POWERにもあるんでしょうか?


マイカーが日産ならぜひ試してみてくださいね!

 

ノートe-POWERのナビで裏設定?

  1. まず[VOL]ボタンを押し込んでオーディオをOFFする。
  2. 次に[設定]ボタンを押しながらさっきの[VOL]を左右に少しだけ5,6回コロコロ回す。

すると画面が現れる。

ここで車両信号診断を選ぶと、診断が終了すると接続図が表示されます。

CAN-BUS経由で各ユニットに対しpingみたいな信号を投げてレスを見ているようです。

過去のエラーログなんかも記録されていたりして面白いですよ。

ナビを外した時のログがしっかり記録されてたのだが、点検では指摘されなかったですね。

あとはBluetoohのデバイス名称も変えられたりできますね!

 

水温や回転数もリアルタイムで分かる?

Z34のCAN-BUSコネクタはセンターコンソールBOX内にあるので市販のツールを使ってゴニョゴニョしてみようかと思っていたましたが、どうやら日産カスタマイズしてあって通常のアナライザとかは使えないようです。

DUALISのをハックしている方もいるのでそれを参考にやってみてもいいかもしれない。

これが解析出来ると水温、エンジン回転、速度なんかがリアルタイムに見えるようになります。

今のGT-Rみたいな感じの表示にも出来るってことですね!

 

裏設定でエンジンの自己診断をしてくれる?

知ってる人はいると思いますが

  1. 日産車はエンジンONにし、運転席のドアカーテシスイッチを10回連続で押します
  2. 一度エンジンOFFにし、すぐエンジンONにする

CAN通信の車載診断機能が働きワイパーとライトとファンとエアコンのマグネットクラッチが勝手に作動します。

 

ノートでも可能なの?

C11ティーダとE12ノートで作動確認したためその辺りのクルマはみんなこのおもしろオカルト作動が確認できます。

他にもアクセルで行う、エンジン自己診断。

シフトノブで行うAT自己診断などありますがこちらはインジケーターの点灯回数を見て故障診断するという地味なものです。

CAN通信自己診断は勝手にアクチュエーターが動くので面白いですよ!

作動を止めたい場合はそのままIG/OFFにすれば良いです。

注意する点はエンジンかかってないのでバッテリー食われます。

あと人のいる所でやると変な人だと思われますね。

 

1人で点検するのに便利?

運行前点検をやられる方はライトの確認等1人でやるのに便利だと思います。

スイッチの故障により操作してもライトやワイパーが作動しない場合にこの診断機能を使い、アクチュエーターが正常に作動すればECU〜アクチュエーターまでの回路は生きていて、スイッチ〜ECU間が死んでいるのがわかります。

日産車のおもしろ機能でございますが、その他のメーカーはわかりません!

ヒマだったら試して下さいね。

 

新型ノートe-POWERの高速道路でのオススメの運転モードの設定は?

ノート e power 裏 設定 高速道路 追い越し

参照元:https://www.webcg.net/articles/-/36263

日産ノートepower(グレードX)運転モードは

  • 通常モード
  • Sモード
  • ecoモード

の3つがあり、同じアクセルの踏み方でも、発進時の加速力が異なります。

この3つの運転モードのうち、ecoモードの加速力が一番緩やかです。

…となると、高速道路の走行で加速が必要な時、具体的には本線に合流するときや、追い越しをかけるとき、上り坂を走るときに、ecoモードだと加速力が足りないんじゃないか?ということが多少不安にはなってきます。

ということで、ecoモードで高速道路を走ってみました。

まず、インターから入り本線に合流する前の加速車線、アクセルを強めに踏み込みます。

特に加速に問題はなく、難なく本線に合流できました。

 

ECOモードでも高速走行は快適?

次に上り坂で追い越しをかけてみます。

走行車線から追い越し車線に車線変更し、アクセルをべた踏みします。

ノートe-POWERにはエネルギーの出力/回生メーターがついていますが、ecoモードであっても、アクセルをべた踏みすると、エネルギー出力は最大になります。

高速域走行(100km/h)ぐらいでも、難なく追い越しをかけることが可能です。

ecoモードでも、高速道路における走行性能は問題ありません。

ただし、この車の最高速度は150km/hに制限されているようで、上り坂で120km/hぐらいで走行していても、アクセルをべた踏みすると、難なく加速をしていきますが、155km/hに達すると、それ以降は速度が上がりません。

また、ecoモードだと高速域走行時、アクセルを踏み込む量が多くなり、それと連動して、アクセルペダルの押し返しも強くなるので、アクセルを踏み続けるには多少力が必要で、長時間運転するときには足が疲れるかもしれません。

さらに、いくらecoモードだとしても、べた踏みによる極端な加速などをすると、余計にエネルギーを消費するので、燃費は悪化します。

 

高速走行で燃費も悪化する?

高速道路上り坂で、べた踏みなどの極端な加速をして走行(120km/h~130km/h)した場合、車に搭載されている燃費計は、14.7km/Lを示していました。

上り坂で追い越しをした直後、燃費計は一時9.7km/Lを示しました。

まとめると、高速道路をecoモードで走っても、問題はないです。

ただ、少々足が疲れるかもしれません。

また、ecoモードだからと言って、調子に乗って極端な加速をすると、燃費は悪化しますよ。

快適だとは思いますが、燃費を気にする場合はほどほどに。

 

ワンペダル走行には慣れが必要?

この日産ノートe-POWERに搭載されているSモードは、加速力もアクセルペダルを離した時の回生力も強くなるのですが、実際に試乗をしてみて驚いたのが回生ブレーキの強さです。

アクセルペダルから足を離した瞬間、ブレーキペダルを踏まなくても“グッ”と強い最初驚くぐらいの回生ブレーキが働きます!

このe-POWERに採用されているSモードの回生ブレーキの強さを例えるなら、山道の下り坂でシフトレバーを1速や2速に入れた時にかかるエンジンブレーキの感じです。

日産ノートe-POWERのSモードでは、アクセルペダルから足を離した瞬間に『えっ?アクセルを離しただけでこんなに回生ブレーキが働くの?』と、ビックリするくらい減速していきます。

そして、アクセルを離したままいるとブレーキペダルを踏まないでも、自然とクルマが停止します。

試乗に同行してくれたディーラーさんの話によれば、街中の平坦の道ならばブレーキペダルを踏まなくてもこの回生ブレーキのチカラだけで停車状態をキープできるようです。

つまり、日産ノートe-POWERのSモードを使用すると、ブレーキペダルを必要とせず
アクセルペダルの操作だけの”ワンペダル感覚”で運転ができちゃいます。

これは凄いです。

このSモードのドライブフィーリングは他のクルマでは味わえない全く新しい感覚なので慣れは必要ですが、慣れたらとても便利な機能ですよ。


なれれば快適な機能になるでしょう

 

新型ノートe-POWERは高速道路での追い越しが大変?

ノート e power 裏 設定 高速道路 追い越し

参照元:https://web.motormagazine.co.jp/_ct/17108426

スポーツモードに切り替えて、高速入口からアクセルを踏み込むと、加速が鋭くて速い、速い。

ただ挙動自体は、ハイパワーFF車がホイールスピンをしながら前方に跳び出す感じではありません。

車両全体が腰を落としながら加速していく安定した感覚で、パワーユニットや駆動バッテリーの重さが影響しているのでしょう。

興味深かったのがエンジン回転でした。

アクセルを踏み込んで急加速をすると、急速発電を強いられたエンジンもグワ~っと回転を上げるのです。

もちろんe-POWERのアクセルとエンジンは直結していないのですが、急加速の時はまるでエンジン駆動車のようにアクセル操作と同調するので、ちょっと不思議な感じもします。

高速の追い越しも信号待ちからのスタートもストレスフリー。

ワンペダルはクルマを体の一部のように動かせるのもあわせて、ナビの2時間ごとのお知らせがないと休憩を忘れてしまう程のようです!

 

ノートe-POWERでの追い越しはスムーズ?

ノートe-POWERの高速道路での使い勝手を調べている方が多いようなので、今回はノートe-POWERの最高速度や高速道路での実燃費について紹介してみました。

今回の記事では、ノートe-POWERは高速走行には向いていない。

という風に聞こえてしまいますが、そうではありません。

その理由を説明すると、普通のガソリン車であれば、最高速度が高いほど100km/h程度の中速域の加速の伸びも良く、使い勝手が良い。

ということになります。

ところがノートe-POWERは、走行は100%モーターが担います。

モーターの特性として、低速域ほど加速が良いという特徴があり、100km/h前後の加速力はアクアよりは確実に上、フィットハイブリッドと比べても遜色はないので、高速道路での合流、追い越しなど高速道路での使い勝手で劣っていることはありません。


加速はいいけど伸びがないですよね

 

最高速は低めに設定されている?

ノートe-POWERの諸元を基に試算してみると、駆動用バッテリーがフル充電状態でエンジンによる発電で合成された最大電力を使って可能な最大速度は160km/h程度かと思われます。

この時のモーターの回転数は規格上限を超える13,000rpm程度となります。

モーター保護制御が行われていると、10,000rpmでの速度が145km/hになりそうです。

更に、駆動用バッテリーがフル充電状況は滅多にはありませんから、パワーを出すとバッテリーは枯渇状態に近くなります。

この状態では、エンジンで発電できる電力は、バッテリーで最大補助した電力よりも少なくなります。

エンジン発電だけでは、145km/hまでの加速性能がかなり落ちるでしょう。

 

高速走行は想定していない?

構造上、高速走行はしないと割り切った車です。

このモーターの高回転利用はトルクが低く効率が悪い使い方です。

それを回避するために、ホンダi-MMDや三菱OutlanderPHEVは、高速走行でのエンジン直結駆動という機構をわざわざ搭載しています。

それでもトランスミッションを搭載する普通の車よりも高速走行効率は劣ります。

 

新車・中古車を買う時の下取り車を高く売る方法は?

新車・中古車を安く買うには、値引きをしてもらうのが圧倒的に早いですが、あなたに下取り車があるのならば、その車を下取りに出せば更に安く買えますよね。

しかし、ディーラーの下取り金額に騙されてはいけません!!!

ここで注意すべき事は、「ディーラーは下取り金額を低めに見積もっている」という事。

また、


値引きは限界です。その代わり下取り金額に10万円上乗せしたので、これで契約してください!

と言ったセールストークに誤魔化され、あやうく損するといった場面も見受けられます。

やっぱり、1円でも高く下取りに出したいですよね?

そのためにも、ある程度の今あなたの乗っている車がいくらで売れるのか相場を知っておく必要があるのです。

そんな時に役立つのが、かんたん車査定ガイドになります。

そこで、下取りに出したい車を一括査定してもらって買取価格の相場を知ってその見積書を提示して、それより高くしなければ下取りに出しませんとあなたの下取り車を高く売るために交渉する最大の武器となります。

私もディーラーに車を下取りに出した時、ラブ4の初めの提示金額は40万と言われました。

そこで、車買取査定サイトから無料査定をしてもらった結果、57万円という買取金額が出て唖然としました。

あやうく17万円を損するところでした!

その後、私は再びディーラーへ行って車買取査定サイトで表示された買取相場をディーラーへ伝えたところ、車下取り価格を17万円+1万円UPしてくれました。

初めから相場以上の金額で対応してくれよと思いながらも、車買取査定サイトを知らなくては損するのは当たり前ですね。

だからこそ、下取り買取金額を出してもらう前に、利用していくのを忘れないようにして下さいね。

かんたん車査定ガイドでは、1分ほどの入力で申し込み後、買取相場が表示されます。

ディーラーの下取り買取価格と比較したい方・すぐに相場を知りたい方は、無料ですぐに利用できるのでお早めに利用してくださいね。

>>無料査定はこちら<<

 

まとめ

ノート e power 裏 設定 高速道路 追い越し

今回は、新型ノートe-POWERの裏設定や高速道路での追い越ししやすい設定についてご紹介してきましたが、如何でしたか?

日産車全般に言えることですが、裏設定が存在しており、整備点検がしやすいようになっていますね!

裏設定で車が速くなるという訳ではないですが、一度試してみてくださいね。

また、モーターや発電するエンジンの性能によって、最高速度が150Km/h前後に抑えられているので、高速での追い越しについては若干パワー不足を感じるかもしれないでしょう。

▼下取り車を1円でも高く!▼

▲最高査定額が無料で分かる!▲

関連記事

ノート e-power 燃費比較 高速

ノート e-POWERの燃費比較&高速での走行性能

ノート e-power 下取り 新古車

ノートe-powerの下取り価格はいくら?新古車の価格もご紹介

ノート e-power 値引き 目標 レポート

ノートe-POWERの値引き目標はいくらに設定すべき?レポートをご紹介

ノート e-power オーテック 試乗

ノートe-powerオーテックの試乗した人の評価は?走行性能に差がある?

アクア ノート 比較 乗り心地

新型アクアとノートe-powerの実燃費・乗り心地を徹底比較!

ノート e-power 実燃費 冬 口コミ 最新

ノートe-POWERの冬の実燃費はどう?最新口コミをご紹介