プリウスPHVの燃費は悪い?電気代はどれくらい?

プリウスphv 燃費 電気代 悪い
Pocket

今回は、プリウスPHVの燃費はどうなのか?電気代がかかって結局の所は悪いのか?について詳しくご紹介していきます!

プリウスPHVは、2017年2月15日発表され、次世代のエコカーと言われとても人気のある車です!

そして、次世代のエコカーと言われているだけあって、燃費が良いと言われていますよね!

でも実際の所、プリウスPHVは電気代もかかってくるので、燃費が良いのか悪いのか気になっている方も多いと思います。

それでは、プリウスPHVの燃費はどうなのか?電気代がかかって結局の所は悪いのか?ついて詳しくお届けしていきますので、最後までお見逃しなく!


プリウスPHVは、EV走行での最高速度も135km/hとなり、日常的な走行シーンの大半をエンジンを始動させることなく、電気自動車として走ることが可能といわれていますね。

ただ本当の所、どうなのか気になります!!

次世代のエコカーといわれている、プリウスPHVの燃費や電気代などは、どうなのでしょうか??

プリウスPHVの燃費は悪い?ハイブリッドとの違いは?

プリウスPHVとハイブリッドの大きな違いは、外部電源から充電できるかどうかという点です!

そしてプリウスPHVは、ハイブリッド車より大きなバッテリーを搭載しています。

そこに、外部から得た電力を溜めて、モーターのみで走行が出来ます。

ただ、モーター走行での航続距離は短いんですよね。

 

プリウスPHVは高速道路が苦手?

プリウスPHVは、EV走行がメインの車です。

これまで電気モーターが苦手としていた高速走行も見事に克服し、135km/hまでEV走行のまま駆け抜けられるようになりました!

EV走行のまま家を出て、市街地を行き、そのまま高速道路へ駆け上がってドライブを続ける、なんてことも可能なんですね。

もちろん、センターコンソールにある『HV-EV』ボタンを押すことで、ガソリンエンジンを用いたハイブリッド走行に切り替えることも可能ですが、プリウスPHVの場合、むしろこちらの方が『余技』です。

極端ないい方をすると、プリウスPHVのハイブリッドシステムは、バッテリー残量が寂しくなった時に、さらに走行距離を延ばすための『エクステンダー』が搭載されています。

 

プリウスPHVの電気代はプリウスのガソリン代よりお得?

まずプリウスPHVにおける『PHVの基本性能』といってよいEVとしての航続距離からお伝えします。

これは満充電で走り始め、エンジン掛かるまでのEV走行距離を試す、といっても燃費計測と同じく、走行条件や運転テクニックにより幅があるので明確な数字は出せません。

そこで首都高の制限速度(40~80km/h)を守って走ってみたら、おおよそ60km程度です。

これが電気だけで走れるプリウスPHVの上限と考えていいと思います。

また、東京都内の街中を走って55km前後。

平均的な運転だと50kmをイメージして頂ければ間違いないと思います。

その場合、カラの状態から満充電まで夜間電力料金だと約80円くらいですね。

ちなみに普通のプリウスで50km走ったら、ガソリンを約2リッター消費してしまいます。

1リッター125円ですと、コストは250円ということになります。

やはり電気を使った方が、圧倒的にエネルギーコストはお得だと考えられますね。

 

プリウスPHVは電気がなくても走行できる!

上記以外にも、プリウスPHVの電気自動車としての性能や快適性はとても素晴らしいものになっています。

加速時に『走行用モーター』+『発電機をモーター』として使うことで、日産リーフと同等の追い越し加速なんです。

もちろん普通のプリウスより圧倒的にアクセルレスポンス良く、乗っていて楽しさすら感じる方も多いようです。

こういった声を聞くと、ECOカーだということを忘れてしまいますね。

一般的なプリウスPHVの使い方だと、1日あたりの走行距離が50kmを超えると言うことはあまりないと思います。

したがって基本的には性能的にも実用上も、プリウスPHVは、ほぼ電気自動車だと考えても良いかもしれません。

ただ、プリウスPHVが電気自動車と異なるのは、電気がなくなってもストレスなく走れるという事です。

実際、電気自動車に乗っていて一番不安になるのが、電気残量が減ってきた時です。

ですがプリウスPHVなら、電気自動車の魅力を持ちながら、安心して運転が出来ますよね。

 

プリウスPHV、エンジンがかかっている時は燃費が悪い?!

但し、PHVはエンジンがかかっている時の燃費が10km/L少々と、かなり悪いようですね。

これはエンジンがかかっている時はかなりの部分を発電にまわしているためだと思います。

トータルとして燃費改善となっているようですが、これもバッテリー容量が大きいから成せる技と思います。

 

プリウスPHVの実際の燃費は?

ガソリン車においてカタログ数値の燃費と実燃費に落差があるように、電気自動車でも運転方法や道路状況の他、天候によっても電力消費率は変動します。

そこでユーザー口コミを総合しますと、満充電での走行可能距離は一般道、高速道路とも概ね50~60km程度という結果が出ていました。

実燃費がカタログ値7掛けがセオリーであるガソリン車と比較すると、プリウスPHVの電気自動車としての実電費はカタログ値の平均8掛けとなり良好と言えます。

またガソリン車は高速道路より一般道のほうが燃費が落ちるのに対し、プリウスPHVではほとんど違いがないか一般道に比べ高速道路においての電費が若干落ちるという興味深いデータもあります。

これは車の減速エネルギーをモーターの発電に再利用するトヨタの回生ブレーキ技術の特性で、ストップ&ゴーの多い道路環境でこそ省エネ効果を発揮しやすいためです。


プリウスPHVは、スムーズで力強いものという感じで人気がある理由が分かりますよね。

バッテリー切れを気にすることなく、また、ハイブリッドモデルのようにガソリンエンジンの介入で興を削がれることなく、EV走行を堪能できるのがいいですね。

いかにも『次世代カー』に乗っている感じなんですね♪

 

プリウスPHVの電気代はどれくらい?電費は悪いの?

プリウスphv 燃費 電気代 悪い

ガソリン車では1ℓの燃料で何km走れるかを燃費で表しますが、電気自動車では1kWhの電力で何km走れるかを『電費(電力消費率)』で表現します。

その電費をベースとして満充電でどのくらい走れるのか?というEV走行換算距離がPHVの基本性能の要となります。

プリウスPHVのカタログ値ではEV走行換算距離は68.2kmです。

これは満充電にしておけば電気だけで70km弱の走行が可能ということです。

先代プリウスPHVのEV走行換算距離が26.4kmだったことを考えると飛躍的な進歩を遂げています。

ちなみに日本の平均的走行距離は年間1万km、1日換算で約27kmですので充電サイクルは2~3日走って充電というパターンが多いのではないかと思います。

 

電気代は月にいくらぐらいかかる?

満充電の8.8 kWhの充電をすると、30A契約で、月に300kWh使う家庭の場合、東京電力だと電気代はおよそ220円です。

これで60km走れるので、1km当たりの燃料代は、3.36円となります。

深夜電力契約をすると、約半分の1km当たり1.68円で充電出来ます。

そして、通勤距離が往復で1日40kmの場合の燃料代は、1日67.2円ですね。

また、1カ月に500kmをEV状態で走り、深夜電力契約で充電すると、1カ月の燃料代は840円。

ガソリン代が1L当たり110円とすると、リッター20Kmの中型HVで、1km当たり5.5円。

リッター40kmも走るプリウスHVの最高燃費車では、1km当たり2.75円と、大変嬉しい結果ですね。

 

プリウスPHVのガソリン代は?

PHVの基本性能、電気自動車としての側面を述べてきましたが、ここではハイブリッド車としての燃費性能にも触れたいと思います。

プリウスPHVではバッテリー残量が20%を切ったあと、もしくは急加速時など、アクセルを強く踏み込んだ際にエンジンが目覚めて発電と充電を始めます。

つまり普通のハイブリッド車に変わるわけです。

そこで気になるのが燃費性能ですがカタログ値では37.2km/lと、プリウスの40.8km/lには敵わないものの、それでもハイブリット競合車と比べて非常に優秀な数値です。

エンジンが目覚めてもハイブリッドとして走るわけですから、普通のガソリン車に比べれば遥かに燃費が良いですよね!


電気代とガソリン代を比較すると、圧倒的に電気代の方がお得なので、とても嬉しいですよね。

ネット上では、プリウスPHVに変えて、月々約1万円が浮いた方もいらっしゃるようなので、長い目で考えるとお得な事が伝わりますよね♪

さすが、次世代のエコカーという感じです!!

 

プリウスPHVとプリウスの燃費と電気代比較!コスパはどっちが悪い?

プリウスphv 燃費 電気代 悪い

ここでは、あらためてプリウスPHVとプリウスの走行コストの比較をしていきます。

はじめに条件として以下を設定します。

  • プリウスPHVの実電費8.43km/kWh(1kWhの電気料金を24円)
  • 両車とも実燃費は27.5km/l(1ℓのガソリン料金を127円)
  • プリウスPHVは55kmまでEV走行、以降をハイブリッド走行

 

毎日30km走行した場合のコストは?

  • プリウスPHV:86円/1日、2,580円/30日
  • プリウス:138円/1日、4,140円/30日

プリウスPHVが年間コストで18,720円お得です!!

 

毎日50km走行した場合のコストは?

  • プリウスPHV:144円/1日、4,320円/30日
  • プリウス:230円/1日、6,900円/30日

プリウスPHVが年間コストで30,960円お得です!!

 

毎日80km走行した場合のコストは?

  • プリウスPHV:230円/1日、6,900円/30日
  • プリウス:368円/1日、11,040円/30日

プリウスPHVが年間コストで49,680円お得です!!

 

プリウスPHVとプリウスの走行コストの結果は??

上記の結果から分かるように、圧倒的にプリウスPHVの方が、お得ですね。

長距離になればなるほどプリウスPHVはEV走行の恩恵を受けてコストメリットは高まりますが、ハイブリッドに切り替わる目安の56km以降は徐々にその差は縮小していきます。

とはいえ両車ともハイブリッドでもトップクラスの燃費性能ですからガソリン車に比べると驚くほどリーズナブルですよね。

現在、プリウスPHVの車両価格は税抜366万6,600円(Sナビパッケージ)、プリウスの車両価格は税抜249万4,000円(Sセーフティプラス)とその差額は約120万円です。

単純に車両価格の差額を走行コストで還元しようと考えることは現実的でなくナンセンスかもしれません。

現在、海外では近い将来のガソリン車・ディーゼル車の新車販売禁止とともに電気自動車社会へのシフトチェンジが続々と表明されています。

その未来へのバトンの担い手としてトヨタは新しい環境先進車プリウスPHVを提案しました。

日常ではEVの環境性能と利便性を享受しつつ、ロングドライブでの安心をガソリンで担保にする、そうした次世代カーライフの提案こそがプリウスPHVの真骨頂ではないでしょうか。


やはり、プリウスPHVの凄さを感じられますね。

長距離は苦手なのかな、というイメージがありましたが、プリウスPHVはそんなことは関係なく、どんな方でもエコに運転出来そうですね♪

プリウスPHVは、エンジンが大きいイメージあり、諸経費がかかるかと思っていましたが、イメージ変わりますね!!

新車・中古車を買う時の下取り車を高く売る方法は?

新車・中古車を安く買うには、値引きをしてもらうのが圧倒的に早いですが、あなたに下取り車があるのならば、その車を下取りに出せば更に安く買えますよね。

しかし、ディーラーの下取り金額に騙されてはいけません!!!

ここで注意すべき事は、「ディーラーは下取り金額を低めに見積もっている」という事。

また、


値引きは限界です。その代わり下取り金額に10万円上乗せしたので、これで契約してください!

と言ったセールストークに誤魔化され、あやうく損するといった場面も見受けられます。

やっぱり、1円でも高く下取りに出したいですよね?

そのためにも、ある程度の今あなたの乗っている車がいくらで売れるのか相場を知っておく必要があるのです。

そんな時に役立つのが、かんたん車査定ガイドになります。

そこで、下取りに出したい車を一括査定してもらって買取価格の相場を知ってその見積書を提示して、それより高くしなければ下取りに出しませんとあなたの下取り車を高く売るために交渉する最大の武器となります。

私もディーラーに車を下取りに出した時、ラブ4の初めの提示金額は40万と言われました。

そこで、車買取査定サイトから無料査定をしてもらった結果、57万円という買取金額が出て唖然としました。

あやうく17万円を損するところでした!

その後、私は再びディーラーへ行って車買取査定サイトで表示された買取相場をディーラーへ伝えたところ、車下取り価格を17万円+1万円UPしてくれました。

初めから相場以上の金額で対応してくれよと思いながらも、車買取査定サイトを知らなくては損するのは当たり前ですね。

だからこそ、下取り買取金額を出してもらう前に、利用していくのを忘れないようにして下さいね。

かんたん車査定ガイドでは、1分ほどの入力で申し込み後、買取相場が表示されます。

ディーラーの下取り買取価格と比較したい方・すぐに相場を知りたい方は、無料ですぐに利用できるのでお早めに利用してくださいね。

>>無料査定はこちら<<

 

まとめ

プリウスphv 燃費 電気代 悪い

今回は、プリウスPHVの燃費はどうなのか?電気代がかかって結局の所は悪いのか?について詳しくご紹介してきましたが、如何でしたか?

プリウスPHVは、燃費、電気代がかかって悪いようなイメージがありましたが、そんなことは全くなく、色々な面で楽しく運転出来る車なようですね!

ガソリン代よりも、確実に電気代の方がお得ですし、プリウスPHVは、長い目で見ればお得な事も大切ですお判りいただけたと思います。

そして、プリウスPHVとプリウスの走行コストも比較してみたので、プリウスPHVの購入を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください♪

▼下取り車を1円でも高く!▼

▲最高査定額が無料で分かる!▲

関連記事

プリウスphv 中古車価格 相場 安い

プリウスPHVの中古車価格の相場は?安いって本当?

プリウスphv 新型 価格 補助金

新型プリウスPHVの新車価格はいくら?補助金制度の詳細も

プリウスphv バッテリー 寿命 冷却

プリウスPHVのバッテリーの寿命は?冷却システムはどうなってる?

プリウス 下取り価格相場 10万キロ

プリウスの下取り価格相場は?走行距離10万キロの場合はいくら?

プリウス 新型 マイナーチェンジ 2018 値引き 限界 概算

新型プリウスマイナーチェンジ2018の値引き限界はいくら?

プリウスphv 中古 デメリット不具合

新型プリウスPHVの中古車のデメリット不具合の詳細