新型プリウスのマイナーチェンジの発売日は2018年12月で確定?

プリウス マイナーチェンジ 2018 12月 発売日

▼下取り車を1円でも高く!▼

▲最高査定額が無料で分かる!▲

Pocket

今回は、新型プリウスのマイナーチェンジ後モデルの発売日は2018年12月?マイナーチェンジで変更になる箇所についても詳しく解説していきます!

現行の4代目プリウスは、発売当初からその特徴的なフェイスデザインに賛否両論が上がっています。

そして販売台数が低迷している理由がそのフェイスデザインと言われています。

車両本体価格がアップしていることも原因だと考えられますが、デザインが特に目立ちすぎている為、そのデザインが原因だと言わざるを得ません。

それでは、新型プリウスのマイナーチェンジ後モデルの発売日は2018年12月?マイナーチェンジで変更になる箇所についても詳しくお届けしていきますので、最後までお見逃しなく!


このデザインは確かに誰をターゲットにしているのか分かりません。

空力特性と先進的なデザインを両立させようとした結果だとは思いますが、やり過ぎてしまった感は否めません。

マイナーチェンジによって受けのいいデザインになると良いですね!

マイナーチェンジ後の新型プリウスの発売日は2018年12月?!

プリウス マイナーチェンジ 2018 12月 発売日

トヨタ・プリウスといえば言わずと知れたハイブリッドカーの代表的車種です。

現行型は2015年12月にフルモデルチェンジされて登場した4代目のプリウスになります。

トヨタの新プラットフォーム『トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー(TNGA)』を初めて採用した車でもあります。

発売は衝突防止ブレーキなどを含めたトヨタセーフティセンスPやハイブリッド式の4WDシステムE-Fourの先進装備が話題になりました。

しかし、4代目になって採用された特徴的なデザインが、賛否両論を巻き起こしています。

4代目となった際に一番注目を集めたのはその奇抜なデザインで、トヨタの豊田章男社長自ら『プリウスはカッコ悪い』と言ってしまう程です。

 

発売日は12月17日で確定?

トヨタの新型プリウスのマイナーチェンジモデルは2018年12月17日に発売すると予想されています。

2018年11月26日〜12月9日に開催されるロサンゼルスモーターショー2018にて世界初公開されると見られています。

4代目のフルモデルチェンジが2015年9月9日アメリカのラスベガスで世界初公開されたことからも、アメリカのモーターショーで世界初公開されると予想できます。

現行の4代目プリウスは、2015年12月に発売されたので、丁度3年でのマイナーチェンジになります。

 

マイナーチェンジは、売り上げの低迷が理由?

2015年に発売された現行4代目プリウスは、最近の販売台数が月間1万台を切る月もあります。

大ヒットしていた3代目のプリウスと比較してみるとその販売台数の少なさは顕著に表れています。

先代プリウスが発売されてから2年後の販売台数は、コンスタントに2万台オーバーを記録していたので、比較すると歴然としています。

販売台数が減った原因として考えられているのは、

  • 販売価格の上昇
  • 他のハイブリッド車種の選択肢が増えた
  • とがり過ぎたデザイン

といった点です。

今回のマイナーチェンジでは、特にネガティブな要素だったフロントデザインを改善して、老若男女多くの人に受け入れられるデザインにすることが第一の目標になります。

 

予約開始はいつから?

各ディーラーにも、12月17日にマイナーチェンジモデルが発売開始になるという情報が入ってきているようです。

マイナーチェンジモデルの正式な予約は1ヶ月前から受付が始まるので、新型プリウスの予約は11月中旬頃から予約受付が始まると考えられます。

今回行われるのはマイナーチェンジですし、全盛期よりはプリウスの人気が落ちているので、大きく変更になるフロントフェイスのデザインをチェックしてから予約を入れても十分納期は間に合うのではないかと思います。


大幅なデザイン変更が行われると考えれられていますが、マイナーチェンジなので限度があります。

基本的には現行のデザインをメインにしつつ、細かい点で変更を行うということになりそうですね!

 

新型プリウスはマイナーチェンジでPHV風のデザインになる?

プリウス マイナーチェンジ 2018 12月 発売日

現行の4代目プリウスは歴代モデルのいい意味で普通なデザインではなく、若者受けを狙った特徴的なデザインに一新されました。

特に二股に分かれたヘッドライトやそれに連動するフォグランプとバンパーの造形が、議論を起こすほどになってしまっています。

プリウスといえば高い燃費性能が求められるので、空力特性を無視することが出来ず、必然的にデザインに制約がある為にこのようなデザインになってしまったと考えられます。

 

フルモデルチェンジ級のデザイン変更が行われる?

4代目プリウスに対して、現行のプリウスPHVのデザインはかなりカッコいいと評判になっています。

マイナーチェンジでは、プリウスPHVのデザインに近づけるのだろうと言われています。

プリウスPHVは、片側4眼のLEDヘッドライトが搭載されており、アダプティブヘッドライト機能が標準装備になっています。

ですがこの4眼ヘッドライトはコストがかかるため、デザインはプリウスPHV風になりつつも、3眼ヘッドライトになるなど差別化されるでしょう。

また、プリウスPHVのリヤガラスにはダブルバブルウインドウという特殊な波打ったようなデザインのガラスが採用されていますが、同様に新型プリウスには採用されないでしょう。

ただ、現行プリウスのリヤテールランプのデザインも評判が良くないので何らかの方法で新しいでゼインになると考えられます。


プリウスPHVに採用されている4眼ヘッドライドは、レクサスでも採用されている多眼ヘッドライトと同じ雰囲気があります。

それほどコストのかかっているデザインであり、人気が出るのは当然とも言えますね!

新型プリウスにも採用されれば大きな話題になりそうですが、コストを考えると難しいかもしれませんね。

 

マイナーチェンジ後の新型プリウスはトヨタセーフティセンスを全グレードで標準装備に!

プリウス マイナーチェンジ 2018 12月 発売日

マイナーチェンジ後のプリウスには安全装備の『セーフティセンスP』が全車標準搭載されます。

現行の4代目プリウスには

  • Aプレミアム
  • Aプレミアム ツーリングセレクション
  • A
  • Aツーリングセレクション

の4グレードに標準装備されていましたが、マイナーチェンジ後モデルでは

  • S
  • S ツーリングセレクション
  • E

グレードにも標準装備となります。

現行の4代目プリウスに装備されているトヨタセーフティセンスPは

  • プリクラッシュセーフティシステム
  • レーンディパーチャーアラート(ステアリング制御付き)
  • オートマチックハイビーム
  • レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付き)

の機能が付いています。

 

次世代の安全装備で安全性が格段に向上する?!

新型プリウスに搭載される『トヨタセーフティセンスP』は、ミリ波レーダーと単眼カメラを使った衝突回避支援パッケージで、

  • 衝突回避支援自動ブレーキ
  • 車線逸脱警報
  • 自動的にハイビームとロービームを切り替える機能
  • 速度・車間距離調整機能付きのクルーズコントロール

などの機能がパッケージにされています。

同じくトヨタで2017年にマイナーチェンジを行ったアルファードとヴェルファイアには、夜間の歩行者だけではなく、昼間の自転車にも対応する進化した第二世代のトヨタセーフティセンスが搭載されています。

このことからも、この次世代安全装備がマイナーチェンジ後のプリウスにも搭載される可能性が高いと考えられています。

新型プリウスに搭載されるトヨタセーフティセンスの内容は以下の通りです。

  • レーントレーシングアシスト
  • プリクラッシュセーフティ(昼夜の歩行者、昼間の自転車対応)
  • レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付き)
  • アダプティブハイビームシステム
  • オートマチックハイビーム
  • ロードサインアシスト

 

トヨタのコネクテッドパッケージも搭載される?!

トヨタは2002年から車載通信機DCMを実用化して、2011年にトヨタスマートセンター、クラウドを構築しています。

新型プリウスPHVにもこれが搭載される考えられています。

T-Connect SDナビゲーションシステムとDCMが装備され初年度無料クルマ見守り、マップオンデマンド、エージェント、オペレーターサービスが利用可能になります。

  • マップオンデマンド(初年度無料)
  • エージェント(音声対話サービス)
  • エージェント(先読み情報案内サービス)
  • オペレーターサービス
  • マイカーSecurity
  • ヘルプネット(ワンタッチタイプ)【車内専用ボタン付】
  • リモートメンテナンスサービス

の高級車顔負けの機能が搭載されます。


プリウスはかなりご高齢のおじいちゃんおばあちゃん世代からも人気のある車種です。

踏み間違えの事故も増えているので、こういった安全装備が強化されるのは嬉しいですね。

安全装備をアピールすることで、販売台数も伸びるのではないかと思います。

 

新型プリウスのマイナーチェンジ後の販売価格はいくら?

プリウス マイナーチェンジ 2018 12月 発売日

新型プリウスの価格は、E、Sグレードでトヨタセーフティセンスが標準装備になると考えられているので、10万円程度のアップ、その他のグレードでは数万円アップになると予想できます。

その価格を反映させた予想価格は、

  • E:252万円~
  • S:257万円~
  • Sツーリング:272万円~
  • A:280万円~
  • Aツーリング:295万円~

となります。

トヨタ車は、モデルチェンジごとに少しずつ価格が上がることが多いのですが、現行の4代目プリウスに関しては、先代と比べて販売価格が高くなったことが販売台数減少の一つと言われているのでそれほど値段が上がることはないと考えられます。

 

マイナーチェンジでGRスポーツが採用になる?

プラグインハイブリッド車である『プリウスPHV』では、2017年9月にGRスポーツが登場しています。

しかし、本家プリウスにはまだラインナップされていませんでした。

トヨタのなかでもトップクラスの販売台数を誇るクルマなのになぜGRスポーツが採用されていないのかと疑問に思う人も多いはず。

その原因はプリウスのデザインにあります。

フルモデルチェンジで特徴的な攻めたデザインに刷新したものの、その奇抜なフロント&リアの造形からマイナスな意見が多く聞かれました。

GRスポーツに手を出す前にノーマルのプリウスの商品力をアップしないと、日産ノートe-POWERがグングンと台頭してきています。

なので大幅なフェイスリフトによって商品力のアップを狙います。

そして、ノーマルの商品力が上がればGRスポーツに手をかけることが出来る為、マイナーチェンジによってGRスポーツモデルが登場されるといわれています。

 

GRスポーツの販売価格は?

プリウスPHVでは、ベース車両とGRスポーツの価格差が45万円程度になっています。

同様に考えると、ベースのSグレードの247万円に対して、GRスポーツは290万円程度になると予想することができます。


燃費を意識して購入する方が多い車種なので、販売価格が上がり過ぎてしまうと意味が無くなってしまいます。

安全装備も充実して価格が据え置きとなれば更に人気も回復するのではないでしょうか?

国民車として人気なだけに更なる進化に期待したいですね!

 

新車・中古車を買う時の下取り車を高く売る方法は?

新車・中古車を安く買うには、値引きをしてもらうのが圧倒的に早いですが、あなたに下取り車があるのならば、その車を下取りに出せば更に安く買えますよね。

しかし、ディーラーの下取り金額に騙されてはいけません!!!

ここで注意すべき事は、「ディーラーは下取り金額を低めに見積もっている」という事。

また、


値引きは限界です。その代わり下取り金額に10万円上乗せしたので、これで契約してください!

と言ったセールストークに誤魔化され、あやうく損するといった場面も見受けられます。

やっぱり、1円でも高く下取りに出したいですよね?

そのためにも、ある程度の今あなたの乗っている車がいくらで売れるのか相場を知っておく必要があるのです。

そんな時に役立つのが、かんたん車査定ガイドになります。

そこで、下取りに出したい車を一括査定してもらって買取価格の相場を知ってその見積書を提示して、それより高くしなければ下取りに出しませんとあなたの下取り車を高く売るために交渉する最大の武器となります。

私もディーラーに車を下取りに出した時、ラブ4の初めの提示金額は40万と言われました。

そこで、車買取査定サイトから無料査定をしてもらった結果、57万円という買取金額が出て唖然としました。

あやうく17万円を損するところでした!

その後、私は再びディーラーへ行って車買取査定サイトで表示された買取相場をディーラーへ伝えたところ、車下取り価格を17万円+1万円UPしてくれました。

初めから相場以上の金額で対応してくれよと思いながらも、車買取査定サイトを知らなくては損するのは当たり前ですね。

だからこそ、下取り買取金額を出してもらう前に、利用していくのを忘れないようにして下さいね。

かんたん車査定ガイドでは、1分ほどの入力で申し込み後、買取相場が表示されます。

ディーラーの下取り買取価格と比較したい方・すぐに相場を知りたい方は、無料ですぐに利用できるのでお早めに利用してくださいね。

>>無料査定はこちら<<

 

まとめ

プリウス マイナーチェンジ 2018 12月 発売日

今回は、新型プリウスのマイナーチェンジ後モデルの発売日は2018年12月?マイナーチェンジで変更になった箇所についても詳しく解説してきましたが、如何でしたか?

今回行われるマイナーチェンジでは、主にフロントデザインの変更が行われます。

現行の特徴的なデザインが原因でプリウス離れが起きているといわれているので、今回のマイナーチェンジによってプリウス人気に再び火をつけることが出来るのでしょうか。

新たに登場するといわれているGRスポーツモデルのデザインにも注目です!

▼下取り車を1円でも高く!▼

▲最高査定額が無料で分かる!▲

関連記事

プリウスphv ノートe-power 比較 乗り出し価格 乗り心地

プリウスPHVとノートe-POWERを比較!乗り出し価格や乗り心地はどうなの?

プリウスphv 新型 価格 補助金

新型プリウスPHVの新車価格はいくら?補助金制度の詳細も

プリウスphv 中古車価格 相場 安い

プリウスPHVの中古車価格の相場は?安いって本当?

プリウスphv 中古 デメリット不具合

新型プリウスPHVの中古車のデメリット不具合の詳細

プリウスphv 車中泊 エアコン 平均電費

プリウスPHVでの車中泊時のエアコンの平均電費はどのぐらい?

プリウス 燃費のいい走り方 燃費向上テクニック

プリウスの燃費のいい走り方は?燃費向上させる方法は?