バイクのエンジンオイル交換時期の色の目安は?

エンジンオイル交換時期 バイク 色 目安

▼下取り車を1円でも高く!▼

▲最高査定額が無料で分かる!▲

Pocket

今回は、バイクのエンジンオイル交換時期の目安はいつなのか?色で判断は出来るのか?について、詳しくご紹介していきます!

車と同じでバイクも、エンジンオイルの交換はとても大切なメンテナンス作業です!!

エンジンオイルは、バイクにとって血液のようなものなので、動脈硬化を起こさせない為に、適切なタイミングで交換してあげる様にしたいですね。

ですがエンジンオイルは交換時期をいつ頃すればいいのか分からない方もいらっしゃると思います。

なのでここでは、、バイクのエンジンオイル交換時期の目安はいつ頃なのか?色で判断することは出来るのか?などについて詳しくご紹介していきますので、お見逃しなく!!


バイクも車と同様、エンジンオイル交換はとても大切ですね!

ただ、エンジンオイル交換をしないといけないと分かっていても、いざ、交換時期などは分からなかったりしますよね。

エンジンオイル交換時期の目安や、色で判断出来る方法があるのなら、その方法を知りたいですね♪

バイクのエンジンオイルの交換時期の目安はいつ?

エンジンオイル交換時期 バイク 色 目安

オイル交換の適切な時期については、一概には言えないというのが答えです!

この距離を走行したからという事はなく、バイクの車種や、乗り方によって変わると言われています。

一番目安になるのは、バイクの取扱説明書をお持ちであれば、メーカー推奨の交換時期が書いてあるので一度確認してみると参考になるかと思います。

残念ながら、取扱説明書をお持ちでない場合は、一般的に『3000km~5000kmに一度』。

もしくは『半年に一度』がエンジンオイルの交換の目安と言われていますので定期的なオイル交換をオススメします。

エンジンオイルを交換しないでおくと、オイルが劣化したり、適正なオイル量に足りなくなって、バイクの調子が悪くなったり時にはエンジンが壊れる原因になります!

そのため、走行距離が少なくても半年くらい経っていたらオイル交換をする必要があります。

また、短い期間でも3000~5000km走行したら交換をおすすめします。

 

新車の場合の交換目安

オイル交換の頻度で、例外になるのは新車購入時です。

新車を購入したときには『慣らし運転をしてください』とバイクショップに言われると思います。

『慣らし運転』とは、簡単にいうと、エンジン内部の金属の摩擦や接合部を滑らかにする為に必要な運転です。

新車購入後は、慣らし運転によってエンジン内の金属粉がたくさん出ますので1000kmほどでオイル交換とオイルエレメントの交換をした方が良いでしょう。

また、新車購入時の慣らし運転後は、ボルトやナットが緩んでいる場合がありますので、オイル交換はもちろんですが、増し締めも必要です。

バイクに詳しい方でなければ、新車購入後の一回目のオイル交換は、バイクショップにお願いする方が良いかもしれません。

増し締めや簡単な点検などもやってくれるショップが多いようです。

 

中古車の場合の交換目安

中古のバイクを購入し、オイルがいつ交換されたか判らないのであれば、直ぐに交換して、オイルメンテナンスをしたほうがいいと思います。

中古で買われたのであれば、まずはオイルとフィルターを交換して、自分の感覚と意思で『オイルメンテナンス』をするのが最良と思います。

その後の交換時期は、毎月自分で劣化状況を指先で点検しながら、メーカー推奨のインターバルを基本に交換すれば良いでしょう。

オイルメンテのインターバルを記載している取扱説明書が無い場合は、メーカーのお客様相談窓口に問い合わせれば、教えてくれるはずです。

 

そもそもバイクのエンジンオイルを交換する理由は何?

エンジンオイルは、よく人間の血液に例えられますが、まさに血液のようにエンジンの内部に行きわたり、エンジンがスムーズに動くように潤滑油として働いています。

一見、エンジン内部を潤滑させるためのモノと思いがちですが、実は他にも様々な役目を果たしています。

ここでは、エンジンオイルの役割について解説しますね♪

 

潤滑作用

エンジン内部ではピストンが高速で動いており、バイクのエンジンは1分間で数千回転もしています。

ピストン、シリンダー、クランクシャフト、カムシャフトといったエンジン内部の部品がこれだけの高速運動をする為、エンジンオイルが油膜を作り、金属同士の摩擦を減らし、滑らかに動かす役割を担っています。

エンジンオイルが汚れたり、少なくなった状態では、金属の摩耗が起きて不具合の原因になります。

 

洗浄作用

エンジンの内部は、爆発運動や回転運動によってスラッジ(鉄粉や煤などの汚れ)が溜まります。

この汚れが溜まると、エンジンの機能が低下し、エンジンの寿命を短くすると言われています。

エンジンオイルは、内部の汚れを取り込む事で、エンジン内部をきれいに保つ役割を果たしています。

エンジンオイルを交換すると、オイルが真っ黒になっている事がありますが、これはエンジン内の汚れを含んだ状態です。

ただ、汚れを取り込む性能にも限度がありますので、定期的にきれいなオイルに変えてあげることが必要という訳です。

 

密封作用

エンジンは『シリンダー』の中で『ピストン』が動く事で動力を発生させています。

このシリンダーとピストンが隙間なく密着していると、ピストンの動きがスムーズに行われないめに、わずかな隙間があります。

しかしながら、隙間が空いていると、圧縮・燃焼時の気密が保てず、パワーロスをしたり充分なエンジン性能が発揮できません。

そこでエンジンオイルがその隙間に塞ぐことで、シリンダー内の気密を保ちつつ、滑らかに動かす役割を担っています。

 

冷却作用

エンジン内部は燃焼や摩擦によって、非常に高温になります。

エンジンオイルはエンジン内部を循環しながら、この熱を吸収し、外部に放熱します。

エンジンオイルが放熱することで、エンジンの焼き付きや熱で部品が変形することを防いでいます。

 

防錆作用

基本的には、エンジンは鉄でできています。

とりわけ、エンジン内部は非常に高温になる為、外との温度差が大きく水分が発生しやすい状況です。

エンジンオイルはエンジンの内部に錆の原因となる空気や水分が触れることのないように、油膜を作り錆を防ぐ役割も担っています。


エンジンオイルを交換した方が良いと言われる理由が分かりますよね!

バイクは車以上に危ない乗り物のような気もするので、自分の命を守ってくれるように、メンテナンスはとても大切です♪

忘れないように、こまめに交換してあげましょうね♪

 

バイクのエンジンオイル交換時期の色の目安は?

エンジンオイル交換時期 バイク 色 目安

上記のように、バイクのエンジンオイルは新品であれば透きとおった飴色をしているものが多いです。

ですが、走行を重ねることで徐々に黒く汚れて劣化していきます。

オイルが黒くなり始めの頃であればまだ問題ありませんが、そのまま交換しないと真っ黒となってしまい寿命となります。

 

バイクのエンジンオイルのチェックは自分でもできる?

オイルには、エンジン内の汚れを取り込んで『エンジン内を洗浄』する添加剤が入っています。

高性能の良いオイルは、入れると汚れを取り込むので、直ぐに黒くなってしまうそうです。

直ぐに黒くなるオイルは良いオイルで、汚れないオイルは『洗浄性能』の悪いオイルと見てよいのだそうです。

オイルの劣化を判定する時、色だけでは判断できません。

手に取って、指で不純物が混住している『ザラザラ感』『ヌルヌ』『スベスベ』する感じを判断した方が良いでしょう。

親指、人差し指、中指で擦って診断するのは、昔から行われている常識的点検方法です。

その判定基準が文字で伝えられないので、〇〇キロ毎に交換!とメーカーは推奨してますが、エンジニアの方などはメーカー推奨には従わず、オイルの劣化を見て早めの交換をする時があるそうです!

 

黒いエンジンオイルは致命的!

エンジンオイルが真っ黒になったままで交換しないとアイドリング不調になり、オーバーヒートといった最悪の状態にもなります。

いずれも単車にとっては致命的な症状で、とくにこれから暑くなる季節の中ではもっとも不調が表れやすくなるでしょう。

ダメージを受けたオイルを交換しないままでの走行はメリットがありませんので、走行距離や色なども目安として定期的な交換をしておきましょう。

 

エンジンオイルはこまめにチェック!

またエンジンオイルというのは走行距離に応じて減少していくようになりますし、一応目安としては3000キロ間隔で良いとされますが、トラブルで減少量が激しくなるようなケースもあります。

そのため3000キロに達しない走行距離でもエンジンオイルの残量チェックはしていくようにしましょう。

  • バイクのエンジンを止めて3分前後待つ
  • エンジンオイルの点検窓やレベルゲージでエンジンオイルの量を点検する
  • アッパーライン付近にオイル面があれば問題なし

エンジンを止めてすぐにエンジンオイル量のチェックをすればオイル面の位置がまだ正常でないので正確な点検ができません。

3分などしばらく間をおいて点検するようにしましょう。


エンジンオイルは黒くなったら、すぐに交換ですね!!

エンジンオイルはこまめに自分でもチェックした方が良さそうですね!

それにチェックの仕方はとても簡単そうなので、いつでもどこでもできそうです♪

 

バイクのエンジンオイルの交換方法

エンジンオイル交換時期 バイク 色 目安

ではエンジンオイルが劣化しているというようなときにどのように交換すれば良いのかについて紹介します。

用意するものとしては廃油ボックス、メガレンチ、新しいエンジンオイル、手袋です。

ドレインボルトを外すとエンジンオイルは地面に向かって落ちてきますので、それを受けるために廃油ボックスを用意しなければいけません。

市販もされていますが、エンジンオイルを捨てることを考えて自作しても良いでしょう。

  • ドレインボルトを緩める
  • ドレインボルトを外してエンジンオイルを抜く
  • ドレインボルトを締める
  • エンジンオイルを注油口から入れる

ドレインボルトを外してもエンジンオイルの状態によってはなかなか抜けきらないと思います。

エンジンオイルを入れる量はアッパーラインまで入れるようにすれば良いでしょう。

またエンジンオイルの点検窓がないというバイクもあります。

スクーターに多いのですが、そのときにはレベルゲージを差し込み、ついたオイルの箇所によって判断します。

 

暖機してからエンジンオイルの交換

上のようにエンジンオイルを交換していきますが、エンジンオイルはドレインボルトから抜くのにそこそこ時間がかかり、待つという工程が必要となります。

より早くオイルを抜くにはエンジンオイル交換前にエンジンをかけて暖めておくと良いでしょう。

あまり高温にすればやけどの危険性もあるので、ほどほどで良いと思います。

エンジンオイル交換前に暖機する理由としては他にもあって、

  • エンジンオイルを温めて早く抜けるようにする
  • スラッジも排出しやすくするため

というようなところが主な理由といって良いです。

スラッジというのはホコリなどの沈殿物で、これも一緒に抜いてきれいにするということです。

 

エンジンオイルと一緒に交換する部品は?

エンジンオイルはバイクの具合を見ながら交換しますが、この交換時に周辺パーツの劣化も合わせて点検しなければいけません。

  • オイルフィルター
  • ドレインワッシャー

この2つの劣化があればエンジンオイルが汚れたり、またオイル漏れを起こしたりします。

理想としてはエンジンオイルの交換時にこの2つの部品も交換したほうが良いのですが、最低でもエンジンオイル交換2回するうちに1度は交換するようにしなければいけません。

 

エンジンオイル交換の費用は?

上のようにエンジンオイルはただ交換するのでなく、その他のパーツの劣化度合いなども点検しなければいけません。

自分でバイクをいじる人であれば1時間もあればエンジンオイル交換はできるわけですが、手が汚れたり、面倒に思う人はショップに出せばすぐに代行してもらえます。

エンジンオイル交換の費用相場としては、3000円前後が相場だそうです。

スクーターだともう少し安く2000円前後みたいですね!


大切なバイクの事なので、キチンとメンテナンスをしてあげたいですね♪

自分でやってみる方も多くいらっしゃるみたいなので、お好きな方は自分やってみるのもいいかもしれませんね!

その方が節約にもなるし、愛着もわきそうです♪

 

新車・中古車を買う時の下取り車を高く売る方法は?

新車・中古車を安く買うには、値引きをしてもらうのが圧倒的に早いですが、あなたに下取り車があるのならば、その車を下取りに出せば更に安く買えますよね。

しかし、ディーラーの下取り金額に騙されてはいけません!!!

ここで注意すべき事は、「ディーラーは下取り金額を低めに見積もっている」という事。

また、


値引きは限界です。その代わり下取り金額に10万円上乗せしたので、これで契約してください!

と言ったセールストークに誤魔化され、あやうく損するといった場面も見受けられます。

やっぱり、1円でも高く下取りに出したいですよね?

そのためにも、ある程度の今あなたの乗っている車がいくらで売れるのか相場を知っておく必要があるのです。

そんな時に役立つのが、かんたん車査定ガイドになります。

そこで、下取りに出したい車を一括査定してもらって買取価格の相場を知ってその見積書を提示して、それより高くしなければ下取りに出しませんとあなたの下取り車を高く売るために交渉する最大の武器となります。

私もディーラーに車を下取りに出した時、ラブ4の初めの提示金額は40万と言われました。

そこで、車買取査定サイトから無料査定をしてもらった結果、57万円という買取金額が出て唖然としました。

あやうく17万円を損するところでした!

その後、私は再びディーラーへ行って車買取査定サイトで表示された買取相場をディーラーへ伝えたところ、車下取り価格を17万円+1万円UPしてくれました。

初めから相場以上の金額で対応してくれよと思いながらも、車買取査定サイトを知らなくては損するのは当たり前ですね。

だからこそ、下取り買取金額を出してもらう前に、利用していくのを忘れないようにして下さいね。

かんたん車査定ガイドでは、1分ほどの入力で申し込み後、買取相場が表示されます。

ディーラーの下取り買取価格と比較したい方・すぐに相場を知りたい方は、無料ですぐに利用できるのでお早めに利用してくださいね。

>>無料査定はこちら<<

 

まとめ

エンジンオイル交換時期 バイク 色 目安

今回は、バイクのエンジンオイル交換時期の目安はいつ頃なのか?色で判断することは出来るのか?などについて詳しくご紹介していきましたが、如何だったでしょうか?

バイクのエンジンオイル交換時期は、一概には言えずに、バイクの大きさや乗り方などによって変わるみたいですね!

あと、色では判断が出来るそうなので自分でエンジンオイルも見てみるのも目安の一つになりますね♪

エンジンオイルは人間でいう血液みたいな存在なので、きちんとメンテナンスをして、楽しく運転していきたいですね!!

▼下取り車を1円でも高く!▼

▲最高査定額が無料で分かる!▲

関連記事

エンジンオイル交換時期 ハイブリッド 色 目安

ハイブリッド車のエンジンオイル交換時期は?色の目安は?

]エンジンオイル交換時期 軽自動車 色 目安

軽自動車のエンジンオイル交換時期は?色の目安も解説