ハリアーのグレード毎の違いは?平均燃費が違う?

ハリアー グレード 違い 平均燃費

▼下取り車を1円でも高く!▼

▲最高査定額が無料で分かる!▲

Pocket

今回はハリアーのグレード毎の違いや平均燃費の違いについて詳しくご紹介します。

ハリアーと言えば1997年に発売以来、SUVでアウトドアにも最適ですし、高級感のあるラグジュアリーな内外装も幅広い人気の衰えな車種ですよね。

どの車種でもですが、もちろんハリアーを検討する際、どのグレードにするか燃費はどのくらいなのかも悩みどころだと思います。

もちろんライバル車との差も、重要な検討材料ですよね。

それでは、ハリアーのグレード毎の違いや平均燃費の違いについてご紹介しますので最後までお見逃しなく!


ハリアーは、NAガソリン・ターボ・ハイブリッドの選択肢がありますよね。

それぞれ、車両本体の価格も異なりますし、どのくらいの燃費の差があるのかも購入後の維持費に影響しますよね。

ハリアーのグレードごとのパワートレインの種類

ハリアー グレード 違い 平均燃費

まずはハリアーの購入を検討した際にまずは選択を迫られるのがパワートレインですよね。

パワートレインの種類を確認してみましょう。

NAガソリンエンジン

ハリアーには、2.0Lガソリンエンジン、2.0Lガソリンターボエンジン、2.5Lハイブリッドの3種類のパワートレインがあります。

『2.0Lガソリンエンジン』

  • 最高出力・・・151ps/6100rpm
  • 最大トルク・・・19.7kgm/3800rpm

NAガソリンでは売れ筋のエレガンスでも車両本体価格は300万円を切る価格設定になっており、価格は1番安くなります。

そして燃費は16.0km/l(JC08モード)と公表されています。

ターボエンジン

『2.0Lガソリンターボエンジン』

  • 最高出力・・・231ps/5200-5600rpm
  • 最大トルク・・・35.7kgm/1650-4000rpm

NAガソリンを大幅に上回る力強さがあります。

ですが、燃費はNAガソリンを下回り13km/l(JC08モード)となり、価格はNAガソリンよりも高くなってしまいます。

ハイブリッド

『2.5Lハイブリッド』

  • エンジン最高出力・・・152ps/5700rpm
  • エンジン最大トルク・・・21.0kgm/4400-4800rpm
  • モーター最高出力・・・143ps/68ps
  • モーター最大トルク・・・27.5kgm/14.2kgm
  • システム出力・・・197ps

燃費が良くモーターのアシストもあり、NAガソリン車よりも力のある走りが魅力です。

また、燃費は21.4km/l(JC08モード)と断トツの低燃費です。


やはり、燃費はハイブリッドが断トツですね。

ですが、その分車両の価格も高くなってきます。

NAガソリンは燃費はそれなりで、安いですが、使い方によってはパワー不足を感じることも…

燃費を取るか価格を取るか、難しいところですね。

ハリアーのグレード毎の平均燃費はどのくらい?

ハリアー グレード 違い 平均燃費 

上記に記載した燃費はJC08モードでしたので、実燃費とは大きく差がありますよね。

実際の実燃費の平均はどのくらいなのか見てみましょう。

NAガソリン

ハリアーのガソリンエンジンは、3ZR-FAE型というVOXYにも搭載されるものが使用されています。

これは、バルブマチックやVVTI、アイドリングストップ機構などを盛り込んだ低燃費仕様のエンジンとなっており、実燃費は9.6~12.8km/lくらいとなっています。

ターボエンジン

ターボモデルは、パワーはかなりありますがその分燃費はハイブリッドモデルに見劣りします。スピードや加速重視という方にお勧めのモデルですね。

実燃費は7.8~10.4km/lくらいと言えそうです。

これを見ると、NAガソリンとターボエンジンではあまり実燃費では差がなさそうですね。

余談ですが、初代ハリアーでは実燃費が5km/lだったようです。

ここから現在の燃費まではかなり進化しましたね。

ハイブリッド

ハイブリッドでは、エアコンの使用や走行環境によって大きく燃費が変動します。

その為環境によっては4~5km/l異なることもありますので、10km/lを切ってしまう事もありそうです。

実燃費は12.8~17.12km/lくらいで、15km/lを超えれば良好な方だと言えそうです。


これらの実燃費を見ると、カタログ燃費ほどの差がありませんね。

その為、車両本体価格の価格差を考えるとハイブリッドのこの実燃費は少し残念ですね。

ハリアーの平均燃費を上げる方法はあるの?

ハリアー グレード 違い 平均燃費

では、NAガソリン・ターボエンジン・ハイブリッドと実燃費では大きく差はありませんでしたが、それぞれどのように運転すると燃費を伸ばせるのでしょうか?

燃費が良いのが最重要!と言うわけではありませんが、低燃費で乗れれば維持費も下げれれ嬉しいですよね。

NAエンジン

これは他のガソリンモデルの車種でも言えることですが、エアコンを調整し無駄につけない、重い荷物を積みっぱなしにしない(車両重量を軽くする)、買物など近距離運転でエンジンのオンオフを繰り返さない、スピードを出し過ぎない等です。

また、アクセルの踏み込みすぎなども燃費の悪化に繋がります。

そして、ハリアーには全車に走行モードが装備されている為、エコドライブモードにするのも有効です。

シーケンシャルシフトマチックも標準装備となっており、Mレンジを選択しマニュアル車と同じように手動でギヤチェンジが可能ですが(ガソリン車は7速、ターボとハイブリッドは6速)、使いすぎると燃費が悪化するから気をつけましょう。

ターボエンジン

ここで忘れてはいけないのが、ターボエンジンは使用燃料が『ハイオク』だという事です。

どうしてもコストはかかってしまいますよね。

ですので、ガソリン同様に丁寧な運転を心がけることや、エコドライブモードを使用したり、Mレンジを使用しすぎないなどに注意しましょう。

ハイブリッド

加速時はゆっくりと加速するのが燃費に良いように記述してきましたが、トヨタのハイブリッド車の場合は違います。

重要なのは巡航速度まで数秒で一気に加速することです。

加速時はエンジンを使うことになりますが、この時間を短くするということでエンジンを使う時間を減らします。

巡航速度まで加速したら一度アクセルを離し、すぐに少しアクセルを踏むと、エンジンが停止し、モーターでの走行に切り替わります。

はじめはこのアクセルワークの感覚がつかみにくいですが、ハイブリッド車には走行状態を表すモニター表示があると思いますので、これを見ながら運転するとわかりやすいです。


やはり燃費は、『どのような運転をするか』と言う運転手の技量にも関わってきますね。

搭載された最新技術を最大限活用できるように、運転手も技運転技術を磨きたいですね!

ハリアーの平均燃費をライバル車と徹底比較してみた

ハリアー グレード 違い 平均燃費

あまり実燃費はNAガソリン・ターボエンジン・ハイブリッドで大きな差がなかったハリアーですが、他のSUV車と比較するとどうでしょうか?

マツダ CX-5と比較

過去にはSUVの中でもNO.1を取ったこともあるCX-5ですので、どちらも高級感のあるSUVになります。

CX-5では、ガソリン車16.0km/l(JC08モード)・ディーゼル車19.0km/l(JC08モード)となります。

ガソリン車では、ハリアーと全く同じ数値ですね。

CX-5にはハイブリッドがありませんが、クリーンディーゼルが用意されていますが、やはりハイブリッドには少し適いませんでした。

ですが、ハリアーのターボエンジンと比較するとハリアーはハイオクを使用しますが、CX-5は軽油を使用しますのでその点はCX-5の方が維持費が安くなるかもしれません。

レクサス NX300hと比較

トヨタの上級ブランドのレクサス NX300hとも比較してみましょう。

単純に、車両本体の価格は70万円程NXの方か高価になります。

ですが、やはり同じトヨタなのでパワートレーンやプラットホームは良く似ています。

ハイブリッドシステムは両車ともに共通でギヤ比も等しくなっていますが、車両重量はハリアーの方がわずかに軽くなりますので、厳密にいえば若干ハリアーの方がボディーが軽い面は燃費には有利だと言えます。

JC08モード燃費もそのような数値になっており、レクサス NX300hが19.8km/l、トヨタ ハリアーハイブリッドは21.4km/lとなっています。

日産 エクストレイルと比較

2000年に日産から発売され『手頃な価格で乗れる快適なSUV』がコンセプトとなっており、アウトドア好きの若者に圧倒的な支持をもっています。

高いデザイン性と走破性を持つエクストレイルは、アウトドアで大活躍しています。

ラゲッジスペースはハリアーの456Lに対しエクストレイルは550Lと大幅に使いやすい設計になっている為荷物の積載を重視する方にはエクストレイルの方が良いのかもしれません。

ですが、エクストレイルにもNAガソリンとハイブリッドモデルがありますがハリアーは21.4km/lに対してエクストレイルは20.8km/Lと燃費性能はハリアーの方が上回りました。


ハリアーだけを見ると、実燃費はNAガソリンもターボもハイブリッドも似通っており、燃費が良い車なのか悩みがちなこともあるかと思いますが、他のSUVと比べると若干の差ではありますがハリアーのハイブリッドは燃費が良いという事がわかりましたね!

新車・中古車を買う時の下取り車を高く売る方法は?

新車・中古車を安く買うには、値引きをしてもらうのが圧倒的に早いですが、あなたに下取り車があるのならば、その車を下取りに出せば更に安く買えますよね。

しかし、ディーラーの下取り金額に騙されてはいけません!!!

ここで注意すべき事は、「ディーラーは下取り金額を低めに見積もっている」という事。

また、


値引きは限界です。その代わり下取り金額に10万円上乗せしたので、これで契約してください!

と言ったセールストークに誤魔化され、あやうく損するといった場面も見受けられます。

やっぱり、1円でも高く下取りに出したいですよね?

そのためにも、ある程度の今あなたの乗っている車がいくらで売れるのか相場を知っておく必要があるのです。

そんな時に役立つのが、かんたん車査定ガイドになります。

そこで、下取りに出したい車を一括査定してもらって買取価格の相場を知ってその見積書を提示して、それより高くしなければ下取りに出しませんとあなたの下取り車を高く売るために交渉する最大の武器となります。

私もディーラーに車を下取りに出した時、ラブ4の初めの提示金額は40万と言われました。

そこで、車買取査定サイトから無料査定をしてもらった結果、57万円という買取金額が出て唖然としました。

あやうく17万円を損するところでした!

その後、私は再びディーラーへ行って車買取査定サイトで表示された買取相場をディーラーへ伝えたところ、車下取り価格を17万円+1万円UPしてくれました。

初めから相場以上の金額で対応してくれよと思いながらも、車買取査定サイトを知らなくては損するのは当たり前ですね。

だからこそ、下取り買取金額を出してもらう前に、利用していくのを忘れないようにして下さいね。

かんたん車査定ガイドでは、1分ほどの入力で申し込み後、買取相場が表示されます。

ディーラーの下取り買取価格と比較したい方・すぐに相場を知りたい方は、無料ですぐに利用できるのでお早めに利用してくださいね。

>>無料査定はこちら<<

まとめ

ハリアー グレード 違い 平均燃費

今回はハリアーのグレード毎の違いの平均燃費についてご紹介してきましたが如何でしたか?

カタログ燃費のJC08モードでは、ハイブリッドがかなり低燃費となっていますが、実際走行してみると環境などで大きく左右され、NAガソリンやターボエンジンと大きな差がないことがわかりました。

その為、燃費だけでハイブリッドを選ぶのは車両本体価格も高くなるため少し悩むべきかもしれません。

ですが、他のSUVハイブリッドに比べ、若干ハリアーは燃費が良いのでその点は魅力的な車種でありそうですね!

▼下取り車を1円でも高く!▼

▲最高査定額が無料で分かる!▲

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

ハリアー ターボ 馬力 加速 評価

新型ハリアーターボの馬力・加速は遅い?実際の評価はどうなの?

ハリアー 新型 値引き レポート 2018 総額 どのぐらい

新型ハリアーの値引きレポート2018!総額はどのぐらい?

ハリアー ハイブリッド 新型 値引き 厳しい 決算

新型ハリアーハイブリッドの値引きは厳しい?決算時期がおすすめ?

ハリアー 新型 2017 2019 価格一覧

新型ハリアー2017・2019年モデルの価格一覧

ハリアー中古車 ハイブリッド 狙い目

ハリアー中古車はハイブリッドが狙い目?おすすめの年式・グレードを紹介

ハリアーとエクストレイルの値引き額の差は?車両本体価格を比較