新型アクアとノートe-powerの実燃費・乗り心地を徹底比較!

アクア ノート 比較 乗り心地

▼下取り車を1円でも高く!▼

▲最高査定額が無料で分かる!▲

Pocket

今回は、新型アクアの乗り心地・実燃費は悪い?実燃費データを参考にノートe-POWERと徹底比較してご紹介していきます。

2017年6月19日にマイナーチェンジを受けたコンパクトハイブリッドカーであるトヨタ アクア。

マイナーチェンジされたことによって燃費が良くなったという声もありますが実際のところはどうなのでしょうか?

市街地や高速など様々な場面においての実燃費なども気になるところですよね。

またライバル車との比較することでその違いが明白にわかるはずです!

それでは、新型アクアの乗り心地・実燃費は悪い?実燃費データを参考にノートe-POWERと徹底比較してお届けしていきますので、お見逃しなく!


コンパクトカークラスで燃費競争を繰り広げる両車。

近年では王者アクアを抜いてノートの販売台数が順調になっています。

新型アクアの実燃費はどれくらい?標準モデルの数値を検証!

コンパクトハイブリッドカーである新型 アクアのマイナーチェンジモデルと標準モデルを検証してみました。

グレードは最上級グレードとなるG”ソフトレザーセレクション”となっています。

新型アクア実燃費まとめ
新型アクア(2017年マイナーチェンジモデル) <参考値>アクア(初期モデル)
JC08モード燃費 34.4km/L 33.0km/L
街乗り実燃費 27.0km/L 25.0km/L
高速道路実燃費 27.7km/L 26.9km/L
郊外路実燃費 28.1km/L 26.8km/L
総合実燃費 27.6km/L 26.3km/L

最新モデルのアクアは初期型に対する燃費の向上対策の成果が出ているようです。

また新型プリウスには及ばないものの、ライバル車と比較してもトップの燃費となっていることがわかります。

新型アクアとノートの街乗りでの実燃費・乗り心地を比較!

実燃費は?

新型アクア市街地での実燃費は27.0km/Lとなっています。

新型アクアとライバル車の街乗り実燃費
街乗り実燃費 JC08モード燃費
新型アクア 27.0km/L 34.4km/L
アクア(初期モデル) 25.0km/L 33.0km/L
フィットハイブリッド 26.0km/L 33.6km/L
ノートe-POWER 25.0km/L 34.0km/L
デミオ(ディーゼル・AT) 19.7km/L 26.6km/L
新型プリウス 28.1km/L 37.2km/L

市街地での燃費も新型プリウスには及びませんが、初期モデルの8%向上となる27.0㎞/Lとなりました。

8%向上した要因の3分の1程度は、交通状況が非常にスムースだったという事が起因しているようです。

残り3分の2に関しては、ハイブリッドシステムやエンジンの改良といったところ。

更には、ハイブリッドカーやEVといったモーターを使う車の燃費や航続距離の向上に非常に重要な回生制動のようです。

新型プリウス以降のトヨタのハイブリッドカーと同様にブレーキの踏み心地がとても良くなっています。

なので無駄なくバッテリーに電力を戻す回生制動がやりやすくなったことも大きいようですね。

また燃費を向上させるコツとしては、減速する時間を長めにすること。

そして、バーの出るモニターでチャージ側に振り切れなうよう減速やブレーキ操作を行うことが重要となっています。

アクアのハイブリッドシステムの乗り心地は?

  1. モーターでスタート(バッテリー残量が多く、ユックリとした加速であればモーターだけで40km/hくらいまで加速可能)
  2. エンジンが加わり、状況によってエンジンを駆動と発電に使ったり、モーターによるアシストが加わるなど車側がマネージメントしてくれる。
  3. 減速の際は、モーターを発電機として使う回生制動でバッテリーに電気を貯めてくれる。

トランスミッションがないため、独特の加速のスムーズさがあります。

またエアコンもバッテリーの電力を使う電動タイプなので、ある程度の気温・湿度であれば、停止中でもエンジンが掛かることなくエアコンが効き続けます。

そのため快適に過ごせる点も含めて、街乗りはとてもに楽といえます。

ただし個体差はあるようで、街乗りの楽さに貢献しているエアコンからと思われるシャリシャリ、チリチリというごく小さい音が聞こえるのは少し気になるかもしれません。

またEV走行からアクセルを全開にした際の加速が始まるまでのタイムラグもあまり気になりませんでした。

これはハイブリッドカーで必ず確認しておきたい点なので、フィットハイブリッドのように気になるモデルも少なからずあるのようです。

加速の良さはノートの方が良い?

ただ加速のスムーズさやEV走行からアクセルを全開した際の加速が始まるタイムラグに関しては、EV走行に近いノートe-POWERには遠く及ばないうようです。

またアクアにもドライバーの任意でEV走行ができる“EVモードスイッチ”があります。

オンにするとユックリとした加速であればEV走行はおおよそ60km/hまで可能となっています。

エコモードを使用すると、アクセル操作へのレスポンスが適度に鈍くなります。

そして、エアコンの作動が控えめになるという効果があり、基本的にはオンにしておくことをお勧めします。

新型アクアとノートの高速道路での実燃費・乗り心地を比較!

実燃費は?

新型アクアの高速道路での実燃費は27.7km/Lとなっています。

新型アクアとノート他の高速道路実燃費
高速道路実燃費 JC08モード燃費
新型アクア 27.7km/L 34.4km/L
アクア(初期モデル) 26.9km/L 33.0km/L
フィットハイブリッド 26.1km/L 33.6km/L
ノートe-POWER 23.8km/L 34.0km/L
デミオ(ディーゼル・AT) 26.6km/L 26.6km/L
新型プリウス 28.3km/L 37.2km/L

高速道路での燃費は、初期モデルに対し数%ではありますが、向上した27.7km/Lを記録しています。

マイナーチェンジされたアクアが、これだけの燃費を記録した要因はいくつか考えられます。

  • 従来からの重量の軽さや空気抵抗の少なさ。
  • マイナーチェンジで公表されたハイブリッドシステムの制御の見直し。
  • エンジンの改良による効率の向上。

これらの効果が地道に積み重なった結果となり、巡航中のバッテリーの貯まり方が良くなっているようにも感じられます。

またアクセルを全閉にした際の減速感が非常に弱いことから、タイヤなどを含めた転がり抵抗の少なさも実燃費向上へ少なからず寄与しているようです。

アクアは標準的な乗り心地と運動性能

アクアは主力グレードで1090kgというエココンパクトカーの中では軽い車重。

最高出力は74馬力で最大トルク11.3kgmの1.5リッターエンジンに61馬力の駆動用モーターという組み合わせとなっています。

実質的な最高出力であるシステム出力も100馬力と言った感じで、数値的に目立つものはありません。

ですが高速道路の本線走行や追い越し加速を想定した動力性のにおいては、モーターのアシストによりスイスイとスピードがのる感じとなっています。

だが、ライバル車が増えてきたエココンパクトカーの中でこれは並レベルといえます。

ノートe-POWERはとにかく速い?

109馬力のモーターを搭載し、アクセルを踏んだ瞬間に反応するノートe-POWERに完敗なのは否めないと言った印象です。

とある自動車メディアのテストにおいて、ノートe-POWERは0-100km/h加速で『速い』と感じる1つの基準となっている10秒を大幅に切る9秒以下のタイムを記録しています。

また改良が進んだせいなのかエンジンが軽く回るようになりました。

それにより、アクセルを深く踏んだ際のエンジン音も初期型に比べると澄んだものになっていように感じられるというのは良いですよね。

最近では、エココンパクトカーでも珍しい装備ではないのですが、Gグレードにはクルーズコントロールと運転席にアームレストが着きます。

これにより、高速道路の移動での疲労軽減に役立っています。

しかし高速道路を走っている際の騒音に関しては難ありといったところです。

路面によってはロードノイズが大きくなってしまったり、風切音も少し耳につくいてしまいます。

そのため、長時間乗っていると疲労の原因になるような印象を受けました。

新型アクアとノートの郊外路での実燃費・乗り心地を比較!

実燃費は?

新型アクアの郊外路での実燃費は28.1km/Lとなっています

新型アクアとノート他の郊外路実燃費
郊外路実燃費 JC08モード燃費
新型アクア 28.1km/L 34.4km/L
アクア(初期モデル) 26.8km/L 33.0km/L
フィットハイブリッド 26.1km/L 33.6km/L
ノートe-POWER 26.7km/L 34.0km/L
デミオ(ディーゼル・AT) 21.2km/L 26.6km/L
新型プリウス 30.3km/L 37.2km/L

郊外路での燃費は初期型から約5%向上しており、燃費志向のコンパクトカー中トップの28.1km/Lを記録しています。

また燃費が向上した要因としては、市街地と同様と考えられます。

アクアはオートマチックハイビームでストレス軽減?

新型アクアのオートマチックハイビーム。

高速道路だと先行車との距離を考えると積極的にハイビームを使い過ぎと感じこともあります。

また郊外路でも見通しの悪いブラインドコーナーだとハイビームからロービームになるタイミングが遅いと感じることもあるようです。

しかしそれ以外では、まずまず他車の迷惑にならない範囲でハイビームを積極的に使っているような印象となっています。

ただし人通りの少ない夜間の郊外路ならあまり心配ないのですが、歩行者や自転車に対して不快感を与えないような対策も必要となりそうです。

ドライバーとしては、視界が明るくなって夜間運転の怖さを減らしてくれます。

新車・中古車を買う時の下取り車を高く売る方法は?

新車・中古車を安く買うには、値引きをしてもらうのが圧倒的に早いですが、あなたに下取り車があるのならば、その車を下取りに出せば更に安く買えますよね。

しかし、ディーラーの下取り金額に騙されてはいけません!!!

ここで注意すべき事は、「ディーラーは下取り金額を低めに見積もっている」という事。

また、


値引きは限界です。その代わり下取り金額に10万円上乗せしたので、これで契約してください!

と言ったセールストークに誤魔化され、あやうく損するといった場面も見受けられます。

やっぱり、1円でも高く下取りに出したいですよね?

そのためにも、ある程度の今あなたの乗っている車がいくらで売れるのか相場を知っておく必要があるのです。

そんな時に役立つのが、かんたん車査定ガイドになります。

そこで、下取りに出したい車を一括査定してもらって買取価格の相場を知ってその見積書を提示して、それより高くしなければ下取りに出しませんとあなたの下取り車を高く売るために交渉する最大の武器となります。

私もディーラーに車を下取りに出した時、ラブ4の初めの提示金額は40万と言われました。

そこで、車買取査定サイトから無料査定をしてもらった結果、57万円という買取金額が出て唖然としました。

あやうく17万円を損するところでした!

その後、私は再びディーラーへ行って車買取査定サイトで表示された買取相場をディーラーへ伝えたところ、車下取り価格を17万円+1万円UPしてくれました。

初めから相場以上の金額で対応してくれよと思いながらも、車買取査定サイトを知らなくては損するのは当たり前ですね。

だからこそ、下取り買取金額を出してもらう前に、利用していくのを忘れないようにして下さいね。

かんたん車査定ガイドでは、1分ほどの入力で申し込み後、買取相場が表示されます。

ディーラーの下取り買取価格と比較したい方・すぐに相場を知りたい方は、無料ですぐに利用できるのでお早めに利用してくださいね。

>>無料査定はこちら<<

まとめ

今回は、新型アクアの乗り心地・実燃費は悪い?実燃費データを参考にノートe-POWERと徹底比較!について詳しくお届けしてきましたがいかがでしたか?

新型アクアは、ライバル車との比較をしても実燃費において何ら引けを取らないと言った印象ですね。

とはいえ、細かいところで見ていくと個体差的なものはあるようですが、燃費が悪いと言った印象はあまり感じられませんでした。

それぞれカタログ値と実燃費には差があるようですし、その中でも新型アクアはかなり優秀といえるのではないでしょうか。

そして新型アクアの次の大きな改良はおそらくフルモデルチェンジとなるでしょう。

その時には、質も備えたコンパクトカーになっていることを今から期待したいですね!

▼下取り車を1円でも高く!▼

▲最高査定額が無料で分かる!▲

関連記事

ノート e-power センターコンソール 外し方

ノートe-POWERのセンターコンソールの外し方

トヨタ アクア 新型 グレード おすすめ

トヨタ新型アクアのおすすめグレードはどれ?

ノート e-power 値引き 目標 レポート

ノートe-POWERの値引き目標はいくらに設定すべき?レポートをご紹介

アクア ヴィッツ 広さ 全長 重量

アクアとヴィッツの広さ・全長・重量の違いは?

アクア 値引き情報 相場 30万 2018

新型アクア値引き情報!最新相場は30万って本当?

新型 アクア 実燃費 維持費

新型アクアの実燃費は悪いって本当?年間維持費の内訳も紹介