ディーラーローンの審査は甘い?通りやすい理由は?

ディーラーローン 審査 甘い 通りやすい
Pocket

今回は、どうしてディーラーローンの審査が甘いと言われているのか、どうして通りやすいのかについてご紹介します。

新車購入時に、銀行ローンは落ちたけどディーラーローンなら通ったという経験をした事がある方も多いと思います。

ディーラーローンは、銀行などのローンと比べると格段に通りやすいローンであり、多くの方が利用しています。

そんなディーラーローンは誰でも通る!という程審査が甘いと言われていますが、実際にそうなのでしょうか?

それでは、どうしてディーラーローンの審査が甘いと言われているのか、どうして通りやすいのかについてお届けしていきますので、お見逃しなく!


ディーラーローンは安定した収入があれば99%通るなんて言われていますよね。

それだけ通りやすいのならば、車を購入する際に利用するには有難いと思うのですが、デメリットは無いのでしょうか?

ディーラーローンの審査が通りやすいのはなぜ?

ディーラーローン 審査 甘い 通りやすい

まずディーラーローンとはどのようなローンなのでしょうか。

金利なども気になりますよね。

 

主に販売店から進められる自動車ローンだから

ディーラーローンは、主に販売店から勧められる自動車ローンのため、こういう呼ばれ方をしますが、実際のところ、必ずしもディーラーが直接提供している自動車ローンと言うわけではありません。

関連会社や提携のローン会社が提供している自動車ローンを仲介する形がほとんどです。

そのため、提供元の会社は、ディーラーそのものではなく、信販会社や消費者金融となります。

ディーラーは、契約を獲得すると提供元の会社からマージンを得られるようになっているため、積極的に勧めてくることも多いようです。

 

人を判断するノウハウの違い

ディーラーローンのお金を貸してくれる提供元を見てみましょう。

  • ディーラーローン:信販会社、消費者金融
  • 銀行ローン:銀行、信用金庫、労働金庫

信販会社や消費者金融は、個人融資の実績があります。

つまり、不安定な職業でも返済できる人、安定した収入があっても返済しない人を判断できるノウハウが銀行などに比べて圧倒的にあるということです。

そのため、銀行であれば落とすような人でも、審査に通ることがあります。

 

自動車が担保になる為完済するまで所有者はローン会社

ローンを返済中は、自動車が担保になり所有者が販売店やローン会社になります。

これも審査が通りやすい一因です。

ですが、もしディーラーローンの返済が滞るなどすると、その車を差し押さえられることもあります。

特に車を仕事に使う人は注意が必要ですね。

また、購入した車は自分のものではなく、販売店やローン会社のものになりますが、だからといってその車を使用することができないわけではありません。

使用者としては、本人が登録されており、普通に使用することに問題が生じることがないようになっています。

しかし、もしその車を下取りに出したり、事故を起こして廃車にするようなことになったりした場合は、手間がかかります。

 

ディーラーローンの金利の高さ

ディーラーローンの金利は比較的高い部類になります。

銀行系ローンを組んだ場合の金利は2〜4%程度が多いですが、ディーラーローンを組んだ場合は、3〜8%が多くなっています。

1.5倍〜2倍ほど金利が異なり、ローンの額が大きいと10万円以上支払額が異なる場合もあります。

ローンが高い理由の一つに、ディーラーの取り分が含まれているという事が言えます。信託会社はローンを組んでもらうマージンとして数%ほどディーラーにお金を支払っている場合があります。

金利が5%を超える場合、ディーラーがマージンを受け取っているので、その分の金利を下げる交渉も可能かもしれません。


ディーラーローンは銀行ローンとは違いがあることがわかりました。

また、所有者がローン会社になるのを嫌う方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

ディーラーローンの審査基準は本当に甘いの?

ディーラーローン 審査 甘い 通りやすい

続いてディーラーローンの審査基準です。

99%の方が通ると言われているくらいですから、審査基準が甘いのは予測できますが具体的にはどのような基準があるのでしょうか?

 

安定した収入があり、返済能力があるかどうか

お金を借りる事になるので、『返せる能力に問題がないか』という部分が重視されます。

まず、年収の基準は200万円が一つの目安です。

200万円を下回ると審査が通らなくなる事も増え、借りられる限度額も下がる事が多くなります。

また、断続性も重要です。

働き始めて1年目では審査が通らない事も多く、2年目でも時には通らないこともあります。

これらは、勤め先の信用度によっても大きく変わってくるので一概に『◯年働けば問題ない』という事は言い切れませんが、3年目になると比較的通りやすくなります。

また、断続的に収入があれば、アルバイトでも派遣社員でも審査に通ることもあるようです。

 

他のローンは無いか金融事故はないか

信用情報は、『他に借金がないか』『お金の支払いが滞っていないか』という部分が重視されます。

他にローンを組んでいても問題ありません。

ですがそれが生活できるギリギリの支払額になっている場合は審査が厳しくなりますし、借入先が4社以上ある場合も審査が厳しくなります。

キャッシングやカードローンを利用している場合も、借入件数にカウントされます。

また、もちろん過去にローンなどで遅延があったりと言った金融事故があるといけません。

知らない方が多いのは携帯電話の料金の支払いです。

携帯も本体代を分割で支払っている方も多いようです。

これが滞っている場合も、『支払い能力がない』と判断されるため審査が厳しくなってしまいます。

 

保証人を付けることで審査が通りやすくなることも

上記の2つ目の項目にひかかってしまい審査落ちしてしまった場合は少し難しいかもしれませんが、1つ目の項目のように年収が低かったり、勤続年数が短い場合などで審査に通らなかった場合は、ディーラー側から、『頭金を増やせませんか?』『保証人をつけて下さい。』といった提案がされます。

頭金を増やす場合は、ローン額を減らして再申請するという事です。

これで通る事も少なくありません。

保証人は、連帯責任をおう人を作る事によってローンの申請を通すというものです。

そのため、保証人は一定の収入がないとあまり意味がありません。

ただ、保証人を付けることによってリスクを分散できるので、保証人が先ほどの基準を満たしていなくても審査が通る事もあります。


審査基準と言っても安定して返済していけるかどうか、不安が無いかと言うのが焦点になってそうですね。

その為、審査が通りやすそうですね。

 

ディーラーローンは他のローンと比べても審査が通りやすい?

ディーラーローン 審査 甘い 通りやすい

ではディーラーローンの審査基準は甘いことがわかりましたが、他のローンと比べてもディーラーローンは通りやすいのでしょうか?

 

銀行ローンとの違いは車が担保かどうか

銀行のマイカーローンとの比較です。

銀行のマイカーローンは審査結果が出るまでに2週間以上かかることが多く、スピードも早くありません。

ディーラーローンであれば審査は最短で数時間、遅くても1日あれば審査結果が出ます。

また、この違いは車を担保になっているかどうかです。

ディーラーローンであれば、ローンの完済までは車の名義がディーラー会社になるため担保扱いになりますが、マイカーローンでは自分が所有者になるので担保になりません。

ディーラーローンは担保がある分審査が甘く、時間も早く審査が通ります。

 

ディーラーローンは残価型ローンで借入額を減らせる

そしてディーラーローンでは『残価設定ローン』と言う選択もあります。

またこちらは更に審査に通りやすくなります。

通常のディーラーローン同様にに所有権が残るのに加え、残価分を除くため毎月返済額が少なくなる為に審査も通りやすい傾向にあります。

同じ年収の人が申込しても、毎月返済額が少なくなれば、それだけ審査に通りやすくなります。

ただし、もちろん残価設定ローンでも毎月返済額が大きくなるほどに審査は厳しくなります。

また、残価設定が車種ごとに決められていることも審査に関係する場合があります。

人気車種は残価高めに、不人気車種は残価低めに設定されるのがポイントで、不人気車種でも適切に価値減少分をカバーできます。

このようにディーラーが損するリスクがさらに少ないので、その分審査も柔軟になっているようです。


やはり銀行ローンなどの他のローンに比べてもディーラーローンは通りやすい傾向にあるようです。

また残価型ローンで月々の支払いを抑えられるのもメリットですね。

 

ディーラーローンを契約する際に気を付けておきたい事

ディーラーローン 審査 甘い 通りやすい

では、審査が甘い・通りやすいとだけを聞くとディーラーローンが1番良い!と思いがちですが、もちろんディーラーローンにも気を付けておくべきことはあります。

どのような事に注意すれば良いのでしょうか?

 

金利が高いものが多い

ディーラーローンは金利が高い場合が多いので注意しましょう。

金利の差によって完済時に支払う総額が10万円以上の差になるなんて事はよくある話です。

もちろん金利だけでローンの善し悪しを判断することはできませんが、
どうせなら安く済むローンの方がいいですよね?

勧められるままに契約するのではなく自分で比較を行って判断しましょう

 

返済期間が短い

銀行マイカーローンの多くは最長10年の返済期間を設けている場合が多いです。

ですが、ディーラーローンの場合、返済期間を最長6~7年間としているところがほとんどです。

返済期間が短いほど利息を節約できますが、毎月の返済負担は大きくなってしまいます。

 

完済するまで所有権はローン会社になる

ディーラーローンの場合、完済するまでの所有権はディーラーもしくは信販会社がもつことになります。

所有権が持てないと困るのは、もし返済中に車を売りたくなったら、一括でローンの残高を返済しなければなりません。

銀行のマイカーローンは、はじめから車の所有権は自分自身ですので、売りたくなったら、マイカーローンの返済がはこれまで通り続きますが、車は売却することが可能です。

もちろんディーラーローンも返済途中に売却をすることも可能ですが、その際は問い合わせが必要です。


審査が甘く通りやすいですが、金利が高いなどのデメリットもあるようです。

また、返済期間が短い分月々の返済額は高くなりがちですし、売却しようと思っても所有権解除など手間がかかってしまいますので、契約の際はしっかり検討して契約しなくてはいけません。

 

新車・中古車を買う時の下取り車を高く売る方法は?

新車・中古車を安く買うには、値引きをしてもらうのが圧倒的に早いですが、あなたに下取り車があるのならば、その車を下取りに出せば更に安く買えますよね。

しかし、ディーラーの下取り金額に騙されてはいけません!!!

ここで注意すべき事は、「ディーラーは下取り金額を低めに見積もっている」という事。

また、


値引きは限界です。その代わり下取り金額に10万円上乗せしたので、これで契約してください!

と言ったセールストークに誤魔化され、あやうく損するといった場面も見受けられます。

やっぱり、1円でも高く下取りに出したいですよね?

そのためにも、ある程度の今あなたの乗っている車がいくらで売れるのか相場を知っておく必要があるのです。

そんな時に役立つのが、かんたん車査定ガイドになります。

そこで、下取りに出したい車を一括査定してもらって買取価格の相場を知ってその見積書を提示して、それより高くしなければ下取りに出しませんとあなたの下取り車を高く売るために交渉する最大の武器となります。

私もディーラーに車を下取りに出した時、ラブ4の初めの提示金額は40万と言われました。

そこで、車買取査定サイトから無料査定をしてもらった結果、57万円という買取金額が出て唖然としました。

あやうく17万円を損するところでした!

その後、私は再びディーラーへ行って車買取査定サイトで表示された買取相場をディーラーへ伝えたところ、車下取り価格を17万円+1万円UPしてくれました。

初めから相場以上の金額で対応してくれよと思いながらも、車買取査定サイトを知らなくては損するのは当たり前ですね。

だからこそ、下取り買取金額を出してもらう前に、利用していくのを忘れないようにして下さいね。

かんたん車査定ガイドでは、1分ほどの入力で申し込み後、買取相場が表示されます。

ディーラーの下取り買取価格と比較したい方・すぐに相場を知りたい方は、無料ですぐに利用できるのでお早めに利用してくださいね。

>>無料査定はこちら<<

 

まとめ

ディーラーローン 審査 甘い 通りやすい

今回は、どうしてディーラーローンの審査が甘いと言われているのか、どうして通りやすいのかについてご紹介してきましたが、如何でしたか?

結論で言うとやはり、ディーラーローンは審査が甘く通りやすい傾向にあるようです。

ですが、一概に審査も通りやすいしディーラーローンがオススメ!と簡単に言えるわけではなく、金利や返済期間など、金融機関のマイカーローンに比べてデメリットと言える点もあります。

今後数年にわたって返済していく問題ですから、しっかり検討しご自身にあった物を契約するようにしましょう。

▼下取り車を1円でも高く!▼

▲最高査定額が無料で分かる!▲

関連記事

ディーラーのタイヤ交換は高い?廃車費用はいくらなの?

ディーラー 月末 忙しい 月曜休み

ディーラーの月末が忙しい理由は?月曜休みが多いのはなぜ?

ディーラー 1ヶ月点検 洗車

ディーラーの1ヶ月点検で洗車はしてもらえない?受けた人の口コミも紹介

ディーラーローン 借り換え 手数料

ディーラーローンの借り換えの手数料はいくら?注意点もご紹介

ディーラー 車検費用 高い どれくらい

ディーラーの車検費用は高い?どれくらいなの?

ディーラー車検に掛かる日数・時間は?メリット・デメリットも解説