シャランはよくある故障しやすい箇所は?

シャラン 故障しやすい よくある
Pocket

今回は、シャランのよくある故障しやすい箇所についてご紹介します。

やはり輸入車や外車を乗るうえで気になるのは故障が多いのか、少ないのかということではないでしょうか?

そんな中でシャランはファミリーカーでもあるので、維持費は最低限に抑えておきたいところではないでしょう。

メーカーや車種によって壊れやすい箇所は違うので、ここで紹介している情報を参考にしていただいて、できることはあらかじめ対策しておいてくださいね!

それではシャランのよくある故障しやすい箇所についてお届けしていきますので、最後までお見逃しなく!

シャランは故障しやすい?よくある故障は?

シャラン 故障しやすい よくある

出典:https://media.ancar.jp/channel/2489/

ネガティブキャンペーンという訳でもないのですが、フォルクスワーゲン系のクルマは窓落ちが発生します。

ワーゲンのディーラーに入社し、一番最初に請け負った整備内容が、この窓落ち修理でした。

一般の整備工場では、最初に請け負う仕事は車検と言われていますから、かなり特殊な作業だったことでしょう。


シャランに多い故障ってどんなものがあるのでしょうか?

 

ミッションの故障はシャランに多い?

DSGとは変速機の一つで、通称デュアルクラッチ・トランスミッションともいわれています。

シフトレバーと運転方法だけ見れば普通のオートマと思う方も多いです。

なので日本のユーザーさんではDSGが『構造はマニュアル車』ということを知らずに乗っている方もいます。

 

DSGのフィーリングは最高?

ですが実際の構造はクラッチ板が2つついたマニュアル車で、運転してみると普通のオートマにはない特性を感じることができます。

DSGのような2ペダルマニュアル車に対して、従来のマニュアル派はあまり好意的でない人もいます。

でもDSGは運転してみればわかりますが超スポーティで、人力では難しいキレのある変速とフィーリングで、変速機界の芸術作品とも表現したくなるほどです。

さらに走行モードを変更すれば大人しかった性格が豹変して刺激的なドライブを楽しむことができます。

なので個人的には普通のマニュアル車も好きなのですが、DSGのような2ペダルマニュアル車も歓迎です。

ですが物事には光と影があるという通り、フォルクスワーゲンのDSGはネットでも故障が絶えないという噂です。

DSGが故障する理由は、基本的な設計やプログラムに問題があるからです。

2016年以降のDSG車ではアップデートでかなり改善されて故障事例も報告されなくなったという話もありますが、一度トラブルを起こすと分かってしまったクルマに乗るのは勇気が要るものですね。

2013年3月の世界的な大規模リコールによってDSGの問題が明るみになり、それをきっかけに以前からDSGには問題があったのではないか?との指摘も出てきました。

症状としては様々で、ジャダー(振動)が出るなどをはじめ、走行中に動力が切り離されたような感覚に陥り、そのまま惰性走行となりエンジンを再始動しようとしてもかからない、エンジン始動しても車が動かない、などの怖いトラブルになります。

 

DSGの修理費用は莫大?

DSGはいったんそのような致命的トラブルが発現し始めると、最悪の場合はメカトロニクス交換(変速機のコンピューターと油圧を制御するバルブボディのセットのことを言う)でディーラーなら60万~、DSG新品載せ替えで100万円、なんていう請求額をウソかほんとは分かりませんが目にした人もいると思います。

それらの修理を実費で払う羽目になる人はごく一部であるのと、中古車として購入して出てしまったパターンの人、新車保証が切れてから故障してしまった人等が考えられます。

 

保証に加入した方が安心?

3年しか乗らないのなら勿論必要ありませんが、それ以上乗られるつもりなら延長保証には入られた方が良いと思いますよ。

特に初期モデルですよね。

輸入車の場合、初期モデルには国産に比べ故障、不具合が出やすい傾向にありますから。

それに3年後に一度故障が出れば、場合によってはすぐに10万の支出なんてことも十分に考えられます。

ですので加入しておけば精神衛生上良いでしょう。

問題は加入する時期ですが、新車購入時と3年終了時の差額ですよね。

これは個人の懐具合によるでしょう。

最初から5年は乗るつもりの場合は、新車購入時に加入したほうがいいでしょう。

3年終了時だと車検代+約10万になりますからそれなりの出費になってしまいますね。

 

シャランの故障に掛かる費用ってどれくらい?

シャラン 故障しやすい よくある

よくあるとされるシャランの故障を修理する費用はどれくらいなんでしょうか?


輸入車の部品代はかなり高額なので恐ろしいですが、見ていきましょう

 

DSGの修理費用はどうなっているの?

上記でも紹介しましたが、シャランを含むフォルクスワーゲン車では、搭載されているDSGの設計により不具合が頻繁に発生しています。

DSGとはマニュアルトランスミッションの変速部分を自動化したオートマチックトランスミッションのことで、燃費性能が向上することにより高性能と言われていますが、日本では設計上不具合が起きやすいと言われています。

DSGはリコール情報も出されているため、ミッションに不調を感じている方は一度車台番号で検索してみることをおすすめします。

修理には内部部品の交換を含めおおよそ20万円ほどがかかります。

ミッション全体の交換になると、30万円以上の修理費用になります。

 

コンプレッサーの故障も多い事例?

エアコンコンプエッサーが経年劣化により故障する事例も多いです。

エアコンを作動させると異音が発生する、振動が発生するという場合には、エアコンコンプレッサーの故障が考えられます。

エアコンコンプレッサーは経年劣化によりほぼ必ず故障するため、おおよそ5万キロ以上の走行距離を走っている車両であれば、交換時期であることを抑えておきましょう。

エアコンコンプレッサーの交換には20万円ほどがかかります。

 

ウォーターポンプは部品代が高い?

ウォーターポンプの故障は、輸入車・国産車にかかわらず経年劣化等により故障する可能性があるものですが、シャランのエンジンの仕様上負荷がかかりやすく、ウォーターポンプの故障率は高め。

ウォーターポンプの故障修理には10万円ほどがかかります。

エンジンの不調などが少しでも現れたらこのウォーターポンプの故障を疑いましょう。

早期の発見であればエンジンへのダメージが少ない状態で済みます。

 

警告灯が点灯した時は?

警告灯が6個も点灯。

すぐ走行上の問題点を、自分で確認してください。

基本の『走る、止まる、曲がる』は大丈夫。

問題は、オートブレーキが効かない、アイドリングストップが効かない、オートマのPにいれてもブレーキが効かない、横滑り防止が効かない等。

その他は大丈夫そうだと判断。

しかし、心理的によろしくないので、その足でディーラーに行きましょう。

 

センサー異常もよくあること?

車速センサーの異常らしいですね。

機械化が進んでいて、センサー1個で芋づる式にエラーになるそうです。

修理見積は、約18千円。

保証期間3年過ぎてスグの故障は痛いですね。

やっぱり、警告灯がつかないのが安心。

1時間程度で修理完了します。

 

シャラン中古車によくある故障は?

シャランの中古車は市場にも少ないながらありますが、初代シャランについては販売期間も短く、また年式も古いのでほぼみかけることはありません。

大半は2011年から発売された2代目シャランの中古車であり、年式としてはまだ10年は経過していません。

日本で中古車の寿命としていわれているものに年式10年以上というものがありますよね。

これは部品の経年劣化の観点からいえば正しいもので、10年経過したゴム部品などは交換の必要が出てきます。

しかし輸入車であるフォルクスワーゲンの場合はこの基準に必ずしも当てはまらず、部品の設計基準の違いからもう少し経年劣化が早い場合があります。

部品によっても違いますが、5年経過した輸入車の部品は交換が必要となるものが増えてきます。

そのため5年経過、もしくは走行距離50,000kmを越えたシャランには部品故障の可能性が高いと見るべきであり、軽度なトラブルは増えてくるでしょう。

車のメーター車のメーター 中古車は走行距離が何万キロまで安心して乗れる?答えはこれだ!

その分中古車価格が下がりますが、維持費がかかる点に注意しなければなりませんね。

 

シャランの故障した時の対処法は?

シャラン 故障しやすい よくある

フォルクスワーゲン自動車の点検は、3年目まで無償で受けられます。

無償といっても、専用の診断システムを用いて、常にベストな状態で走行できるように管理することができますので、あなたの愛車を守るために、細やかで安心できる点検となっています。

この無償の範囲については、1年目と2年目の法定点検、メーカー指定の点検と部品交換の工賃となっています。

つまり、部品の交換が必要な場合は部品代だけの支払いでいいということになります。

また、4年目以降も延長サービスをプラスすることで、2年間延長することができます。

つまり、合計すると購入時から5年の間、点検のサービスが受けられますということになります。

延長サービスには、別途料金が必要になりますが、安心して、ベストな状態で乗り続けたい方や、急なトラブルに備えておきたい方は、加入しておくと安心です。


やはり保証は大きいですね!

安心して乗れるのでドライブも楽しいです

 

点検内容も充実している?

点検項目は、はエンジンルームからインテリア、足回り・外回り、そしてロードテストと、少し時間や手間がかかってしまうかもしれませんが、愛車と快適に過ごすには必要な項目となっています。

それに加えて、オイル交換や洗車も実施してもらうことができます。

さらに、日々の細かいメンテナンスもディーラーに相談しつつお任せできるシステムとなっています。

 

窓落ちした時の対処方法は?

シャランによくある故障の一つである窓落ち。

窓落ちが発生した場合はどうすればいいのか気になります。

一番大切なのは、壊れる直前に使用を中止する事です。

ドア内部から、異音が発生し、明らかに巻き取り速度が落ちますので直ぐに解ります。

もし、窓落ちが発生した場合は、慌てず停車し、テープ類があれば、それを使用する事で簡易的に修復が可能です。

この状態であれば、2.3日は持ちますので、お近くの整備工場に持ち込めば、約二時間ほどの修理で回復しますので、当日に車が帰ってきますよ。

 

どこで修理してもらうのがおすすめ?

フォルクスワーゲン自動車の修理体制についてご説明します。

まず、故障が発生した場合ですが、ワーゲン社では24時間体制でカスタマーセンターがお問い合わせに対応しています。

そのため、急な故障時にも時間を気にせず安心して問い合わせることができます。

万一、故障となってしまった場合であっても、保証期間内であればオーナー様の支払う金額は非常に少なくなっています。

また、故障によってレッカーが必要となった場合であっても、保証期間内であれば、そのレッカー代金はワーゲン社に負担してもらえることもありますので、この点についても安心できます。

 

オイル交換は国産車と同等?

最も多いオイル交換です。オイル交換は一台で5,000円〜12,000円程度かかります。

1リットルの場合は1,000円〜3,000円くらいで交換してくれるところもあるようです。

 

新車・中古車を買う時の下取り車を高く売る方法は?

新車・中古車を安く買うには、値引きをしてもらうのが圧倒的に早いですが、あなたに下取り車があるのならば、その車を下取りに出せば更に安く買えますよね。

しかし、ディーラーの下取り金額に騙されてはいけません!!!

ここで注意すべき事は、「ディーラーは下取り金額を低めに見積もっている」という事。

また、


値引きは限界です。その代わり下取り金額に10万円上乗せしたので、これで契約してください!

と言ったセールストークに誤魔化され、あやうく損するといった場面も見受けられます。

やっぱり、1円でも高く下取りに出したいですよね?

そのためにも、ある程度の今あなたの乗っている車がいくらで売れるのか相場を知っておく必要があるのです。

そんな時に役立つのが、かんたん車査定ガイドになります。

そこで、下取りに出したい車を一括査定してもらって買取価格の相場を知ってその見積書を提示して、それより高くしなければ下取りに出しませんとあなたの下取り車を高く売るために交渉する最大の武器となります。

私もディーラーに車を下取りに出した時、ラブ4の初めの提示金額は40万と言われました。

そこで、車買取査定サイトから無料査定をしてもらった結果、57万円という買取金額が出て唖然としました。

あやうく17万円を損するところでした!

その後、私は再びディーラーへ行って車買取査定サイトで表示された買取相場をディーラーへ伝えたところ、車下取り価格を17万円+1万円UPしてくれました。

初めから相場以上の金額で対応してくれよと思いながらも、車買取査定サイトを知らなくては損するのは当たり前ですね。

だからこそ、下取り買取金額を出してもらう前に、利用していくのを忘れないようにして下さいね。

かんたん車査定ガイドでは、かんたん車査定ガイドで申し込み後、買取相場が表示されます。

ディーラーの下取り買取価格と比較したい方・すぐに相場を知りたい方は、無料ですぐに利用できるのでお早めに利用してくださいね。
かんたん車査定ガイド
 

まとめ

シャラン 故障しやすい よくある

今回は、シャランによくある故障しやすい箇所をご紹介してきました!

シャランのミッション系の故障はどうにもならないですが、保証に入ることで無料で修理してくれますので、加入しておくことがおすすめでしょう。

また、パワーウィンドウの窓落ちもよくある故障しやすいパターンとのことなので、上記の対処方法で落ち着いて対処してくださいね。

とはいえ、シャランを所有するときは余裕をもって置くことが重要ですね!

かんたん車査定ガイド

関連記事

シャラン カスタム ホイール

シャランのおすすめカスタムホイールを画像付きでご紹介

シャラン オイル交換 費用

シャランのオイル交換にかかる費用はいくら?

シャラン 評価 壊れやすい 不具合

シャランの評価は?壊れやすいの?良くある不具合は?

シャラン 警告灯 消し方

シャランの警告灯の種類は?消し方も詳しく解説

シャラン 走行距離 故障

シャランのどのぐらいの走行距離で故障する?限界は20万km?

シャラン ディーゼル 日本導入

シャラン ディーゼルの日本導入予定は?フォルクスワーゲン最新情報もお届け